2003/12/6

最中皮からの脱皮  

 
最近自分は少しうつ気味なのだと思っていたが

まだまだいろいろが喜ばしいし ありがたい

ただ 自分の弱さに甘えていただけだったのだ 厳しい現実を前にして
 

オペ室ではこの甘え 許されない

そこにいないことも いてharmfulなことをすることも

医術のart−芸術−は 絵手紙の美学ではない

science−科学−に認識される ゴシック体の美学だ

掬える=救える網を 投げかけよと

金魚すくいの最中皮みたいな網を捨てて 掬える網を持てよと

医の先人達も 病める人々も 私自身も

できないと見捨てるのでなく できるまで やれるまで

変わらぬ思いで 無言のまなざしを投げかけ続ける

 
私は 穏やかな心篤き医師になるまで

ぼろりんと擦れかけたり ばらりんと壊れかけたりしても

おそらくこの 極めて熱くかつ極めて冷徹に変わらぬ希望のまなざしを

先人と病める人と自分から この身に受け続けるのだろう

穏やかな 祈れる心篤き医師になるまで

 
今一度 緊張で痛む腹をくくり直さねばならない

オペ室で 当たり前のことを叱られて ズンと胸に響いた今日

小さな自分への哀れみはやめて脱皮にむけて唸りたいと思った
 
 
タグ: 医師 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ