kotoba日記          小久保圭造

 
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/300 
 

ワクチン接種予約

ワクチン接種の予約がしたくても、できないという方がまわりにいらっしゃったら、 連絡してください 、夜中でも早急に対応します。 1 記事の『拍手』ボタンを押す 2 『拍手コメント』という欄が出る 3 コメントに電話番号あるいはメールアドレスを記入して、投稿ボタンを押してください。

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

著者 : 吉増剛造
みすず書房
発売日 : 2016-06-07
一年遅れて、今日、読了。
「凄い」「凄いなあ」
という思いが
読んでいて何度も何度も。

何が書かれてあるかわからない。
ジョイスの「フィネガンズ」だって
持っている。
ジョイスは途中で読めなくなった。

でも吉増は読める。
そこに何かが書かれてある。
言葉が書かれてある。
そして絵の具で文字が消されている。
書いた文字を塗りつぶす。
それは311の破壊と同じだと言う。

何が書かれてあるかは
わからない
でも何度でも読める
ここまで日本の言葉が
凄いというのは
宮澤賢治以降
あっただろうか
藤井貞和がいるか。。

でも吉増剛造は
かなり凄い
これ以上の読書体験は
まずない。

何が書かれてあるかなんて
もうどうでもいい
そこに書かれてあるものを
読む行為だけ
そこに快楽を見出すのは
読者の嗜好だけ
わたしは
吉増さん
大好きです。

profile

筆名 小久保圭造(本名 小久保圭介)☆生年月日 1961.9.12 B型.4歳上の兄がいる。両親は農学、法学と文学嗜好で家に文学と法学の本がたくさんあった。特に母は『思想の科学』名古屋支部の会員であったため、幼少期から家にヌード写真が掲載される雑誌がなく辛苦を味わう。のちに自分で購入。家族の中で唯一、反文学を掲げ音楽と歌に走るが、20歳の時、村上春樹に傾倒、22歳、三島由紀夫に傾倒、25歳、高橋源一郎に傾倒。さらに反文学主義を貫く10代に影響を受けたシンガーたちが現代詩を歌っていたということがのちに判明し、すでに文学が浸み込んでいたことに衝撃を受ける。反文学の旗を下げ、転向してもの凄い量の読書を開始。それは執筆の準備段階としての意識が高く、執筆は五年後の30代からとなる。25歳、第一回三島由紀夫文学賞の動向に注視し、さっぱり判らぬ高橋源一郎が受賞。「判らないことが嫌い」があり、一年かけて高橋源一郎研究をする。初期の三部作を再読中、パッと理解する。 現代文学を目指す。40代、父が熊野に転勤したことがきっかけで年4回以上は熊野に通い、熊野信仰に至る。☆年齢59歳☆略歴 出生.名古屋市国立病院☆楠幼稚園☆西味鋺小学校☆楠中学校☆私立立花高校(現.日本福祉大学付属高校)☆インド、ネパールを二カ月ほど友人と旅行☆22歳、結婚して大阪は東住吉区公園南矢田に七年在住、29歳離婚(子供なし)して東京は杉並区久我山に一年在住、不安神経症を患い帰名。以後名古屋で活動。特に30代から40代はパニック障害がひどく、生活困難でありながら頑張って倒れながらも労働と執筆を続行。リハビリとして自分で笑える小説を書き続ける。☆シンガーソングライターを経て、三十代から文芸同人誌『じゅん文学』入会☆詩、小説、エッセイなど、そこそこ発表☆第一回じゅん文学賞受賞☆名古屋の文芸誌『小説海越』で二作発表.なぜか廃刊☆中部ぺんクラブ文学賞『熊野父』で受賞☆執筆年数 約三十年☆屋外労働経験年数.約三十五年☆メールアドレス kokubo912@yahoo.co.jp☆趣味 たくさん.☆好きな色.全部.好きな季節.全部.好きな食べ物.たくさん。食べられないもの一切ナシ。☆占いができる。四柱推命、五行、方位学、西洋占星術、九星気学、神道の神通力が年々増す傾向あり、かなり強し。☆左利き☆エロと言葉と自然があればOK。(順番が大事)☆名古屋市北区在住.小説家、詩人☆夢。利他をできうる限り実践すること。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ