蟒蛇(うわばみ)のつぶやき

蟒蛇の自由気ままな日記です.
何でもかんでも飲み込みますょ〜(^○^)/

 

うわばみチャット

「イノシシ週齢読み取りマニュアルの注文」

野生動物の生態と被害対策の研究に,日々取り組んでいる研究者のゆる〜い日記です.

ブログランキング

ブログランキングに参加中!!
一日に一回クリックして!!

Blogramの投票ボタン

こちら↓もクリック!!
blogram投票ボタン
お願いします〜

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

研修の依頼について

研修依頼の際には, ホームページの 「研修条件」 を確認いただき,
「管理人へ連絡」から連絡願います.
By うわばみ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うわばみ
レドウさん,

この餃子,けっこうおいしかったですよ〜
投稿者:レドウ♪
こんにちわー!
レドウです!!
餃子大きくて美味しそうですね!!


http://red.ap.teacup.com/teturaracoco/
投稿者:うわばみ
ライスリバーさん,

地域によって様々な状況ではありますが,【農家の作物を荒らす=山には餌がない】はマスコミなどが作り上げたイメージだと思います.少なくとも島根県と佐賀・長崎県では,薪炭林や耕作地が使われなくなって自然の回復が進み,イノシシにとって住みやすい環境が増加しています.その結果,生息分布域が拡大している状況です.

人間の方はと言うと,住みにくい地域からの撤退が続いている状態…

さて,対策はと言うと,「人間領域に動物を進入させない」,「人間領域に動物を近づけない」という対策をまず行い,「野生動物の個体数管理」を行うことしかありません.農作物被害だけを考えると,前2者を実施すれば無くすことができます.問題は生態系被害です.これに対しては「個体数管理」が欠かせない作業になります.相手がシカならば,お金と人間を集めれば何とかなるかもしれません.しかし,良好な環境に生息するイノシシに対しては,「個体数管理」は非常に困難な作業です(繁殖能力が高すぎるため).生態系被害が報告されていないイノシシに対して,個体数管理がどの程度の重要性を持つかは議論の余地がありますが…

いろいろとありますが,ライスリバーさんのご指摘の通り,根本的な政策が必要なことは間違いありません.これをどうしたら良いのか,書き始めると長くなるので…
イノシシのみに絞った話に関しては,私のホームページで公開している私の博士論文の総合考察を,全体的な話については,お勧め書籍で紹介している「オオカミを放つ」などを読んでもらえるとありがたいです.
投稿者:satou
ライスリバーさん
 林業ではないのですが、山林を5haほど持っていますが殆ど手入れはしていません檜も雑木に変化していそうで元々松しか生えていなかった貧弱な植生は広葉樹、もっと言うなら照葉樹林になって来ています。神社の植生です。自然生態系からみると豊富な自然になているように思えてなりません。昔のように山からいろんなものを搾取していれば(鳥獣も含めて:タヌキの襟巻きも在ったりします)チョット違っていたのでないでしょうか?。あくまで個人的な見方ですが、むしろ耕地の近くまで野生が近くなってきているように思います。地元の植生調査等をお手伝いしたりして感じたことです。
投稿者:ライスリバー
おぉ〜〜!!
衝撃です!!
シカ以外の標識の絵があったのですね!
うわばみさん、よければ今度写真撮ってくださいm(_ _)m


ひょんなことからうわばみさんのブログにお邪魔してますが、素人は私くらいの様子…。
愚直な質問を許してください。
【農家の作物を荒らす=山には餌がない】イノシシがどこまで異常に繁殖しているかの考慮もありますが、山での生態系が崩れているのは確かですよね。
この前、新聞の論壇に林業の重要性を説く意見が掲載されていました。農業、漁業と同じで林業も衰退している結果、山の木々を手入れされることがなくなり、葉が繁り、地面に日が差さなくなり、生態系が崩れていると…
電気柵は一時的な処置にはなっても、生物は進化します。イタチごっこになるよりは、遠回りでも根本的な解決になるよう山を手入れして動物達が山の中で暮らせるようにする政策はないのでしょうか?
電気柵…痛そうです。でも、わざわざ危険を犯してまで食糧を探す動物達にも生存をかけた事情があるはずです。猟師さんだけでなく林業の方はどうでしょう?

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ