蟒蛇(うわばみ)のつぶやき

蟒蛇の自由気ままな日記です.
何でもかんでも飲み込みますょ〜(^○^)/

 


「イノシシ週齢読み取りマニュアルの注文」

野生動物の生態と被害対策の研究に,日々取り組んでいる研究者のゆる〜い日記です.

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログランキング

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

研修の依頼について

研修依頼の際には, ホームページの 「研修条件」 を確認いただき,
「管理人へ連絡」から連絡願います.
By うわばみ

うわばみリンク

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うわばみ
うむむぅ,どこも大変ですね.

特別措置法の関係で食肉加工施設が乱立する危険性もあるような気が…
投稿者:Y田
貴重な情報。ありがとうございます。

こちらの方は,シカの推定生息頭数が約700頭〜1,600頭で,捕獲が年200前後なので,やや苦戦気味です。

それでも,個体数管理を進めるしかないようです。

ジビエにつきましては,まだほとんど情報がない状況なので,情報が入り次第,うわばみさまの情報を考慮しつつ,行動にうつりたいと思います。

ありがとうございます。

http://blogs.dion.ne.jp/ursus/
投稿者:うわばみ
上五島の森林面積からすると,5個体/ku程度にすれば,全体で1,000個体を上回るので,これを目標とした個体数管理を進めるしかないですねぇ〜.

幸いなことに高密度地域は,数ku程に限られているみたいなので,難しい作業ではないと思います.
問題なのは,超高密度地域が「ディアパーク」になってることです…

各地でジビエの話が出ているようですね.
販売先とか経営についても調査した上で,データに基づいた経営戦略を当初計画に組み込んでいなかった施設は,赤字経営になる危険大です.
そもそも,ジビエを推進している方の家族が「シカやイノシシの肉はチョット…」なんて言っている状況があったとしたら,売れないでしょうね.

ちなみに,独立採算での運営を考えると,イノシシの場合,毎年300個体程度を収集して,そのうち200個体程度を食肉加工して完売すると赤字が出ないかどうかという状況になるようです.この場合,4,000〜7,000円/kgでの販売です.
2年前に兵庫県の老舗の問屋で聞き取り調査した時には,「3,000円/kgを下回ると完全に赤字」だそうです.

生肉で3,000円/kg程度かもっと安いものは,補助金が投入されているか,役場の人が動いている(=人件費が税金)みたいです.この場合も,危うい経営と考えた方が…

上五島の場合,捕獲後の処理については,まだ何も考えてません.島の人達はシカを食べないそうなので…
投稿者:Y田
シカ問題。どうしましょう?

こちらではジビエの活用が検討されていますが,効果のほどは不明です。

http://blogs.dion.ne.jp/ursus/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ