2019/9/14

野党共闘の深化 人間的信頼感  

「次代に問う 10年後の政治」(1) 泉健太・衆議院議員(国民民主党) 2019.9.9
日本記者クラブ主催


泉氏は、政権交代可能な日本政治を築く。そのためには穏健保守の支持が得られなければならない。
野党は抵抗勢力であってはならない。

ここまでは、予測の範囲内。
次に共産党との政権協議に触れた次の点は、意外性があった。

参議院選挙をああいう形で闘った。国民への誠実さという点では、共産党とも誠実に協議すべきと考えると。


ここでフジTV平井文夫氏が、次の質問を詰問口調でした

長島さんや細野さんたち旧民主党の人たちが続々と自民党に行っているが、理由は2つある。1つは安全保障の問題。2つ目は共産党とはやりたくないということ。
共産党とは候補者調整をしているだけだ、政策のすり合わせはしていないと言うが、万が一(選挙に)勝って首班指名で安倍さんも枝野さんも過半数を取れなかった場合、共産党が入れた人が勝つことになる。
そうすると連立に入らなくても共産党がその政権に影響を与えることになる。
あなた方がやっていることは、もしかしたら共産党が我が国の政府に関与する政権を作ることになるかもしれない。僕はそれは嫌なんですが、泉さんはそうなっても構わないと思っているんですか。

これは驚き
このような極端な考えの人がTV局の幹部でありTVで(自分の持論をほぼ生の形で)コメントしているという、放送法に触れるような報道姿勢をうかがわせる事態を改めて示すことになった。
かつ、国民が選挙で選んだ結果を「嫌いだから」とあたかも否定するかのような発言を平気でしている感覚の恐ろしさ。
更に、共産党が関与する政権ができてはいけないという戦前の時代がかった感覚から抜け出せておらず、選挙による国民の選択という代議制民主主義の根幹さえ否定する姿勢、ここまで露骨だとは恐れ入った。

これに対する泉氏の回答は、極めて冷静で道理にかなっている
共産党とつい言ってしまうが、正式には日本共産党。日本オリジナルな政党であり、現実政党化している。時代に合わせて変化してきている。
また、幹部の皆さんは自己責任感の強い人たちで、政策の整合性を求め大切にしておられる。それがなければ政権から距離を置くという姿勢。まず政権に入りたいという姿勢はない方々。
政策の整合性と一致するところで今の政権に対抗していこうという姿勢。
影響を及ぼすという点では、私たちの方にも守るべきものがあり、互いに守るべきものをぶつけ合い答えを出していけばよいのではないか。
共産党の深化、新しい姿が見えてくれば(政権の)構成メンバーになりうると考える。野党は真摯に議論をすべき。

この間の3度の国政選挙における野党共闘の経験、全国に広がりつつある地方での共闘の経験の中で共産党は勿論、国民民主党、立憲民主党も変わりつつある(深化しつつある)。
そこまで、相互の信頼関係が醸成されつつあると感じる。
これがあってこそ政権構想協議に進めるのだと感じる。
機は熟しつつある。

クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 野党共闘



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ