2018/11/2

Trick or Treat  

夕食を終えて、いよいよハロウィーンパーティです。

実はボストンに来る前から、「ハロウィーンパーティーがあるから、心しておくように」と言われていたんですね。
一体どんなことをするのだろうと思っていたら,当日ゲストハウスのオーナーから言い渡されたミッションは、なんと、仮装した上でこどもたちと同じように“Trick or Treat"と言いながら、家々を回るというものだったのです。別に「ミッション」ではないのだけど、なんとなくそういう感覚でした。

ゲストハウスのオーナーは、「高校生くらいに見えるから大丈夫よ」と言っていたけど、まさかこの年になってお菓子をもらいに歩くなんて…。だいたい、大人にもお菓子くれるのかな…。

ただ、一方でどこか楽しみにしている自分もいたので、さっそく仮装します。
僕がやった仮装は、Beer man。名前のまま、ビール瓶の仮装ですね。写真はアップしませんので、どうぞ想像してください。

他には、魔女、ピエロ、死神(?)の仮装をした方がいました。

準備完了。一人一つバッグをもってお出かけします。

クリックすると元のサイズで表示します

最初は人目を気にしつつ、どう思われるのだろうなんて思いながら歩いていたのだけれど(だって、ビール瓶の恰好だからね)、しばらくすると、そんな思いなんてみじんもなくなりました。そこら中に仮装した子供や大人がいたからです。

クリックすると元のサイズで表示します

盛り上がっているストリートに入って、いよいよ家々を回っていきます。
どきどきするなか、勇気をだして言います。

“Trick or Treat"

するとどうでしょう。“Happy Halloween!! Have a good night!”と答えてくれるではありませんか!!
嬉しくなって、どんどんと家々を周ります。ほとんどの家が、快く迎え入れてくれます。
(「ほとんど」、というのは、一部「え?何?大人だよね?どゆこと?」的な雰囲気を醸し出す方もいたからです笑)

その後も、通りを歩いていると、“Nice costume! I love it.”(いい衣装だね!気に入ったよ!)や、“Hey, Beer man is here!”(ビールマンだ!)と声を掛けてくれます。
小さいこどもには、“Mom, look. This is a chocolate sauce.”(ねぇ、ママ見てよ。チョコレートソースだよ)なんて言われましたが(笑)

バックも少しずつ重くなっていきます。

最初は行っていいものかためらっていたはずが、終わり頃には、なんの躊躇もなく“Trick or Treat”と言って、家に突撃する自分がいました。
最終的に、とてもたくさんのお菓子をもらうことができました!

クリックすると元のサイズで表示します

結論としては、とても楽しかったです。
そして、なんというか、日本の渋谷とかでやっているような「ただ仮装して騒ぐ」だけのハロウィーンとは全く違って、こちらはやはり昔からの文化を大事にしているという感じがすごくしました。

日本でも、こういう「文化」としてハロウィーンをもっと大事にできるといいのになぁと思いました。どこか日本のハロウィーンは、ハロウィーンの大事な部分を見落としてしまっているような気がしたんですね。

こんなことをここで言ってもしょうがないのだけど、僕はこれからもアメリカで体験したようなハロウィーンを大切にしていきたいと思います。

また明日。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ