Atelier KinZo Diary

 
Atelier KinZo
Collaborative Coloring Club/塗絵パッチワーク同好会作品集
Connective Line Figure/つながる塗絵線画ぎゃらりー

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆり
素敵なお話ですね。
文庫本からふと目を上げると、綺麗なものが見える。
笑顔で日常に戻っていける道ですね。。
投稿者:KinZo
ゆりさんコメントありがとうございます。実はこの絵には解説があります。

『指定席

朝店に入ると/
必ず/
この席で/
コーヒーを飲みながら/
文庫本を読んでいる中年の男がいる/

来る日も来る日も来る日も/
その男はこの椅子に座って文庫本を読んでいる/

ある北風の強い朝/
いつもの男の座る椅子が空いていた/
ので/
私は思い切って座ってみた/

座って前を見ると/
少し散りかけたチューリップが/
思いのほかライトアップされて美しく輝いていた/

私はここが/
この店で花を見る一番良い席であることを/
初めて知った 』

絵はがきは
2009/8/2
「A village 460 /リトアニアの村」
だったと思います。縦横の比率が原画とは異なりますが、拡大して飾って戴いてありがとうございます。

このブログの画像をクリックすると、画像のみの拡大表示になりますので、プリントしやすくなると思います。

(迷惑コメントが時々入るので、投稿保留モードに設定しておりますが、悪しからず)

引き続きよろしく。
投稿者:ゆり
あいかわらず素敵な絵ですね。
先日は絵葉書を有難うございました。
拡大して飾っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ