気ままニュース

わがまま気ままに綴る、身の回りの自然色々
そんな感じ、かな。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:泉
肝高さん
どうもありがとうございます。
被爆樹木ねぇ。
昔、被爆者の講演のお手伝いをしたとき、被爆樹木のアオギリの実を分けてもらったことがあります。
校庭だったかな、それとも病院の庭だったか、焼けこげた幹だけが残って、でもそこから新しい芽が伸びてきたのを見て勇気づけられたって言う話を聞かせてもらったんです。
その種を10年ちょっと前に住んでいた借家の庭に蒔いたんだけど、今は結構大きくなってるかなぁ。
投稿者:肝高
話がチンチン電車に行きっぱなしになるのも、まずいので…
最近興味を持っているのは、これ、です

http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page7g.html
投稿者:泉
かりそめにも技術者の端くれが、18.8%の濃縮ウラン、核兵器が作れる程のウランをバケツと柄杓で扱っていただなんて。
そんなことが許されるんだから、安全なんてあり得ないと思ってしまうのは、僕だけ?

こんな本も出てるんですね。
************
「朽ちていった命 −被爆治療83日間の記録− NHK「東海村臨界事故」取材班」

1999年9月30日・・・・
茨城県東海村、核燃料加工施設「JCO東海事業所」で起きた東海村臨界事故。
ウラン燃料の加工作業をしていた技術者二人が大量の中性子線を浴びて死亡した事件を題材にしている。
http://plaza.rakuten.co.jp/training/diary/200701010004/
************

「東海村」と「柄杓」で検索すると他にも色々。
************
ウラン溶液をバケツで汲んで、それを柄杓(ひしゃく)で反応器に入れて、ウランを濃縮させていて臨界事故を起こした東海村の事故は、日本の原子力産業がおかれているどうしようもない現状を象徴している。
http://frusato.iza.ne.jp/blog/entry/240352
************
私が東大医学部助手時代の話ですが、原発問題などについて政府の政策立案段階でいろいろ問題を指摘したところ、"好ましからざる人物"として徹底的に「アカデミック・ハラスメント」を受けました。講演に行けば尾行がつき、「安斎とは一切口をきくな」という箝口令が大学の中にひかれました。「俺はそんなつもりで大学に来たわけではない」「もっと自由に研究ができる条件のところに行きたい」という気分になっていたものですが、東大の呪縛を逃れるのに17年かかり、やっと立命館に来ることができました。ですから若手の研究者が「ここにいては展望が開けない」という疎外感を持つ時、大学を出ようという"プッシュ要因"になると思います。
http://www.kyoto-min-iren.org/medi-net/medinet0004.htm


http://native.way-nifty.com/native_heart/2007/08/post_2f69.html
投稿者:泉
こんな記事を見つけました。

************
ヒロシマとナガサキへの疑問

世界に求めるものが、なぜ「あらゆる核の廃絶」ではなくて「核兵器の廃絶」だけなんだろうか?


原子力について忘れてはいけない呪文(改訂版)
・ 原子力はクリーンエネルギーじゃない。
・ 原子力は安いエネルギーじゃない。
・ 原子力は地球温暖化への解答じゃない。
・ 原子力は安全なものじゃない。
・ ウラニウム採掘には危険がいっぱい。
・ 核兵器の投げかけた脅威は終わってない。
・ 核廃棄物の問題はずっと未解決のまま。
・ 核施設の誘致はその土地を豊かにしない。

http://native.way-nifty.com/native_heart/2007/08/post_2f69.html

twitter

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ