こちらのページは2005年4月から2010年1月までの記録です。見にきて頂きありがとうございます。 沢山の絵と写真がはいっています。 中身を覗いてください。
桜咲く会津へ  ちょっぴり散策

 東京の桜も散ってしまい、もう忘れかけていた、桜が!

 一泊で会津若松まで。
↓どこも桜が見事満開。
これは鶴ケ城のお堀端。
クリックすると元のサイズで表示します


↓再建されてまだそれほど経っていませんが、幕末の白虎隊の面々や、残された資料が展示されていました。
 そういえば「白虎隊」のテレビ見たっけ。

 会津藩とそのお殿様、松平容保も可哀相。
 勿論若い、まだ子供だった白虎隊も可哀相だし、
 誰もが悲しい時代。
 
 300年続いた徳川幕府は大政奉還でなくなり、現代になったんでしょうが。
 そんな事を思いながら大好きな天守閣まで登ってきました。
生憎の雨にあってしまいましたが、どこもかしこも桜が見事でした。

 ここも、日本桜百選に入っているとか。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして、東山温泉でたっぷりと、温泉に浸かり。

↓翌日は会津武家屋敷を見て、阿賀野川船下り。
楽しいガイド嬢兼船頭さんの説明を聞きながらくねくねとくねった川を下りました。
昨日の雨で増水してて、流れも速いし、水もかなり濁っていました。(いつもはもっと綺麗な水の色をしているそう)
クリックすると元のサイズで表示します
 そしてイチゴ狩りへ。

イチゴははっきり言って最高級ではなかったな。

 そのイチゴ畑の近くではまだ、いっぱい土筆が出ていました。
 用意した、袋に詰めて戻ったのが昨日のUP
0



2007/4/28  22:40

投稿者:恵雅

>BALTNさま

 今晩は。

 ありがとうございます。
雨模様だったのでモノクロの世界でした。

2007/4/28  20:56

投稿者:BALTN

とってもいい感じの写真、モノクロがいいですよね。
とっても素敵です。

http://blog.goo.ne.jp/takachin_1958/

2007/4/26  9:45

投稿者:恵雅

>さくらこさま

 以前にも行った事あるんですが、その時は会津藩のことも興味が余りなく、通り過ぎてきました。
 でも今回は白虎隊の彼らの似顔絵もじっくり見てきました。やはり若い!というより、子供ですよね。逃げ惑う彼らのテレビの映像と重なりました。

 桜は綺麗でしたが、雨で桜が舞って、傘には花びらでいっぱいになりました。

2007/4/26  8:20

投稿者:さくらこ

会津に行ってこられたんですね。
私もいつかは行きたいな〜、と思っています。
白虎隊を見たばかりなので、色々思いを馳せることもあったでしょうね。

桜が綺麗です。
前にいちさんが言っておられたように、確かに曇り空に桜も落ち着いた感じでいいですね。

http://blog.goo.ne.jp/nekochan8888

2007/4/25  10:27

投稿者:恵雅

>隆蓮房さま

 こんにちは。

 まだ歴史といっては新しい出来事ですが、もう現代ではすっかり忘れ去られていますね。
 
>今でも、会津の飲み屋で山口(長州)出身だと知れれば「帰ってください」と言われることもあるそうな

 そんな話聞いたことありますね。
それほどに、根深い恨みが残っているんでしょうね。
 わが町にも彰義隊があっという間に負けて、上野の山から命からがら逃げてきて、町中の民家で町民の服を頂いて逃げ延びた彰義隊の残党がいたようです。
 そして、討たれた隊員はやはり、賊軍にされ、哀れをとどめていました。
 
 

2007/4/25  0:43

投稿者:隆蓮房

こんにちは!
トーホグ出身の隆蓮房です。
白虎隊隊士の死体は、官軍によって埋葬許可が下りず、雨ざらし・獣に荒らされ放題で、会津の人々は心をとても痛めたようです。
今でも、会津の飲み屋で山口(長州)出身だと知れれば「帰ってください」と言われることもあるそうな・・・・・。
鶴ヶ城内に「荒城の月」の石碑もありましたよね。
青葉城と鶴ヶ城がモデルなんだそうです。

http://blog.goo.ne.jp/ryu-ren_bou/

2007/4/24  22:54

投稿者:恵雅

>katsuoさま

 たまの温泉はいいですね。
katsuoさんは、いつも仕事とはいえ、出張とかで温泉三昧じゃないんですか?

5月の連休はお仕事との事。
絶対その方がいいですよ。どこへ行っても大変な混みよう。
私は家でのんびりのつもりです。

2007/4/24  22:00

投稿者:katsuo

桜咲く会津へとはいいですね。温泉に入ってリフレッシュとは。私のゴールデンウィークは仕事です。ああのんびりしたいな。

http://motsuka.exblog.jp


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ