こちらのページは2005年4月から2010年1月までの記録です。見にきて頂きありがとうございます。 沢山の絵と写真がはいっています。 中身を覗いてください。
今日の成果  つれづれ

 以前(4月18日)瓦當の作品をUPしましたが、今回は今日、カルチャーで書いた皆さんの作品を見ていただきたくUPしました。

 

どれも甲乙つけがたい、見事な作品の出来上がりでしょう?。
 まだ、習い始めて間もない方のものもあります。いかがでしょうか?
 絵手紙の枠を超えての今日の試みでした。(作品制作名が載せられないのが残念ですが)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



2006/5/7  14:30

投稿者:恵雅

>じんさま

 やはりパソコンでしたか。
早速見に行かせて頂き、TBもさせて頂きました。
TBありがとうございました。
 今度は手書きに挑戦もしてみてください。

2006/5/7  14:26

投稿者:じんです

書いてみました。
upしてみました。
けど、やっぱりパソコンだと
筆、墨の感じが出せなくて。
さて、さて。

http://jinnojin.jugem.jp/

2006/5/7  11:18

投稿者:恵雅

>じんさま

 ありがとうございます。
 みなさんに代わりまして御礼申し上げます。

 じんさんも書いて、頂けるんでしょうか?UP楽しみです。

2006/5/7  11:16

投稿者:恵雅

>ぷうさま
 こんにちは
そろそろ連休も終わりですね。
遠くにいかれないので、
 早速見せていただきにあがります。

2006/5/7  10:35

投稿者:じんです

いやー、見事な作品ですね。
公開していただ恵雅先生の生徒さんへ、
拍手を贈ります。

よし!ボクもこれから書いてみるか。
書いたら恵雅先生に、見てもらおうかな。


http://jinnojin.jugem.jp/

2006/5/7  7:12

投稿者:ぷうさん

素晴らしい作品ですね。
ありがとうございました。

よろしかったら、芝桜・菊桃をどうぞ!

では、また

http://blog.goo.ne.jp/fuji0001/

2006/5/6  21:45

投稿者:恵雅

>ポエムさま

 まぁ、ありがとうございます。
きっと、作品出してくださった皆さんも喜びます。
 けっこう、楽しんで描けたんじゃないかと思います。

2006/5/6  21:41

投稿者:恵雅

>あややさま

 はんこみたいですか?中国の太古の昔の瓦の拓なんです。
現代でも古い建物なんかに使われています。きっと、どこかで、見た事あると思います。
 この中には始めてから、3度目という人が入っています。でも、どれも見事でしょ?

2006/5/6  21:04

投稿者:ポエム

先生が素晴らしいと、生徒さんも実力が
つくんですね。
見事な作品展に見入っています!

http://blog.goo.ne.jp/kaseifuwa-mita/

2006/5/6  20:53

投稿者:あやや

凄いですね。
墨一色で描くのですか?
なんだかはんこのように書くのですね。
習い始めの方がいるなんて思えません。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ