こちらのページは2005年4月から2010年1月までの記録です。見にきて頂きありがとうございます。 沢山の絵と写真がはいっています。 中身を覗いてください。
入院生活 V  つれづれ

 毎日検査検査。
何をしたかって、胃カメラも初体験、その他、思い出すだけで恐ろしや。

 刻々と手術の日が迫っています。もう、まな板の・・・
何と手術は、8月7日です。
この日は私のお誕生日。
全く記念すべき日になりました。

 
  

執刀は朝9時から、夕方麻酔から覚めたら、「いたたたたた…」
3日間は傷口が痛い痛いです。
でも、手術翌日から歩け!っと強いお言葉。
今は、即、動く事が回復を早くするんですって。って言われているんですって???
(こんな時でも看護士さんは優しい)

↓これが、私の痛かった原因の胆石。
写真だとリアリティありすぎだもんで、私の手のひらに載せたものをスケッチ。
 先生がホルマリン入りで、各名入りを、枕元に持ってきてくれました。
 数え切れない程の石の数。驚き!一つは胆管、一つは胆嚢のもの。
クリックすると元のサイズで表示します
 頑張ったおかげで?8月17日晴れて退院。

後日談ー入院中3回も地震が。
 身体には3本も4本も針が刺さっているし、嫌いな地震ですが、嫌いを通り越して、恐ろしかった。
 
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ