こちらのページは2005年4月から2010年1月までの記録です。見にきて頂きありがとうございます。 沢山の絵と写真がはいっています。 中身を覗いてください。
奥の細道出発点の隠れ家  東京さんぽ

 千住市場の脇にある「千住宿 奥の細道」案内板
クリックすると元のサイズで表示します
千住大橋から松尾芭蕉は旅立ちました。
奥の細道の出発点のこの地に
ちょっと隠れ家的なお店が。
鰻やさんを紹介します。



↓もう一度行ってきました。お店の入り口です
クリックすると元のサイズで表示します
千住市場に程近い蒟蒻屋さんの路地を入ってすぐの所で、ちょっと判りにくい。
で、住所は 足立区千住河原町27−20「やまうち」です。

↓カウンターがあって7名ほどが座れる。
店主が一生懸命、お料理の準備。
どれも注文を受けてから作るから、お酒飲まないんだったら、予約しておいた方がいい。
それに満席になったらお断りされちゃうから。
クリックすると元のサイズで表示します

 ↓写真を写したくて私はずっとお預けで、やっと揃ってパチリ。
クリックすると元のサイズで表示します
器もお洒落で、お味もグーでした。

 店先を撮って来ようと思っていたのにお腹いっぱいになったら、すっかり忘れて帰ってきてしまいました。

3



2009/5/28  15:39

投稿者:恵雅

>RUSTYさま

 ありがとうございました。

 レタスの瑞々しさ、伝わって嬉しいです。
野菜を描く事が多くてRUSTYさんのメニュー、野菜だらけになっちゃいそうです。


2009/5/28  13:07

投稿者:RUSTY

ホント、美味しそう!
前回の記事のレタスもみずみずしさが伝わり、読んだ後、さっそく食し
てしいました。恵雅さんの記事でメニューが決まっていきそうです。

http://rustyl.blog75.fc2.com/

2009/5/28  10:30

投稿者:恵雅

>山豚火さま

 店先も出したかったし、芭蕉の旅たちの案内板あったら良かったなんて思っています。

 いつか機会あったら行ってみてください。

2009/5/28  9:22

投稿者:山豚火です

わぁ〜 美味しそう!
ほんとうに器もお洒落ですね。箸置きはたこさんですか。
こんな料理をだす 店先も見たかったですね。

値段もいいのでしょう!


http://blog.goo.ne.jp/aboo-kai/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ