こちらのページは2005年4月から2010年1月までの記録です。見にきて頂きありがとうございます。 沢山の絵と写真がはいっています。 中身を覗いてください。
ご開帳の浅草寺  東京さんぽ

ご開帳の浅草寺

 歩いていると汗が出るくらいすがすがしい。散歩日和
↓隅田川ぞいの遊歩道を歩いて、着きました。浅草です。
クリックすると元のサイズで表示します


↓浅草寺本堂落慶50周年記念で、特別公開『大絵馬寺宝展と庭園拝観』
11月16日までと、後わずかですが、これは普段入れない所で必見。
クリックすると元のサイズで表示します

↓庭園内です。こんな所があるとは、いつも通っていて知りませんでした。知っていましたか?

 絵馬堂には信仰の篤かった徳川将軍家や二台三代将軍が寄贈した絵馬や鳥居清元作の「関羽」等々がありました。
 
 この至宝も良かったけど、庭園は落ち着いた佇まいでとっても気に入りました。このお庭は江戸から明治までは法親王ご兼帯寺の庭ということで秘園とされていたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

↓西陽をあびて、浅草寺内の五重塔ですが、輝いていました。外から眺める五重塔と違った趣でそれはそれは素敵。
クリックすると元のサイズで表示します
↓開帳塔婆のお手綱(ぶら下がっている布)に触れると本堂まで繋がった綱で観音様と縁が結ばれるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

↓本堂までこんな風になっています。沢山の人たちが祈っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

↓仲見世の通りは平日でもこんなにも人が。
クリックすると元のサイズで表示します

↓両替所 ここで300円を払って小判が買えます。
その小判は期間中、奥山風景や仲見世で買い物が出来るんだそうで、江戸時代後期に鋳造された、安政小判とほぼ同じ大きさだって。
毎日、あっという間に売り切れ。
クリックすると元のサイズで表示します

↓私も売り切れて買えませんでした。
で、友人が買った小判、一枚頂いてUP。
クリックすると元のサイズで表示します縦6センチ、横3,3センチの立派な小判でした。

ブログランキング登録しています。こちらをワンクリックしてもらえたら嬉しいな。

お年玉袋の上に乗せた状態です。大きさ分りますか?
0



2008/11/11  8:36

投稿者:恵雅

>山頭火さま

 小判は早めに行かないとすぐ売れ切れてしまうようです。
 庭園に入りながら是非小判一枚。

 これって記念に持って帰りますよね。使えないですよね。

>ポエムさま

 可愛い小判でしょ?
私が買えたらばら撒いたのに。?
この小判は10枚包まれているんですって。
10枚買う人は包んであるそうです。
よく、時代劇なんかで見ますよね。

2008/11/11  0:05

投稿者:山豚火

立派な庭園ですね。普段は見られないんですか。
だったら行かなくては。小判も欲しい。

http://blog.goo.ne.jp/aboo-kai/

2008/11/10  19:40

投稿者:ポエム

こんばんは!
可愛い小判ですね。
見れば見るほど欲しくなりました!
恵雅さんのブログを見ていると、
今すぐに行きたい気持ちに…

http://blog.goo.ne.jp/kaseifuwa-mita


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ