風に誘われ


花も鳥も風景もと何でも屋でごちゃ混ぜが整理つかなくなってきました
花は花、鳥は鳥で別のブログに分けました

自然の恵みに感謝の日々をつづります

 
日が照れば日に憩う 風吹けば風と語らい 雨降れば雨に戯れ これでいいのだ

カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
11/6 万博記念公園(コス…

最近の投稿画像
10/24 神戸市北区の棚田

最近の投稿画像
10/20 我が遊び場の彼岸花

最近の投稿画像
10/19 我が遊び場の彼岸花

最近の投稿画像
9/29 鳥撮りの日々(大阪…

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

白化カラス

白変種(はくへんしゅ)とは、色素の減少により体毛・羽毛・皮膚等が白化した動物の個体をいう
白化は珍しいがほとんどの動物に起きる
白いライオンを追いかけたドキュメンタリーがあったような?
一般的に白化個体は長生きしないと言われているが、目だって天敵の餌食になり易いのかな?
我が遊び場の公園では白黒ブチのカラスが見つかって話題となっている
過去には真っ白のカラスも何例か観察記録が有る
黒白のブチゆえ目立つからか、仲間のカラスに虐められています

クリックすると元のサイズで表示します

それでも集団で暮らす習性が有り、常に1番外側にいて、集団の中に入って行くと追いかけられています

クリックすると元のサイズで表示します

誰が言ったかゾンビガラスだと
私はブチガラスとしました

クリックすると元のサイズで表示します

ご存知のようにカラスは大きく、飛翔もゆったりして飛び物下手でも何とかついていけます

クリックすると元のサイズで表示します

胴体はほとんど白い

クリックすると元のサイズで表示します

羽の白い部分は三分の一くらいかな
尾羽はほとんど黒です
仲間に虐められ、餌を奪われてもここまで大きくなったんです
長生きして欲しいです

クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:我太郎
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:散輪坊
 白いカルガモはその後見ていません。
今年は特に寒さと積雪で活動範囲が狭まっているのが
影響しています。
白いカルガモを見たのは山の公園近くのプールなんですが
これも近々取り壊されます。

http://navy.ap.teacup.com/430313/
投稿者:我太郎
散綸坊さん こんばんは

珍しい物好きさんがやってきていますが、ハシボソガラスかハシブトガラスかの論争が巻き起こっています
てっきりハシボソガラスかと思っていたら、ハシブトガラスの♀では?とのことです
皆さん細かい所を見ているのには感心しています
ところで、散綸坊さんがブログにアップした白いカルガモはその後見ていませんか
投稿者:散輪坊
 白いカラスは見たことがないですけど、成鳥に
なる前に
外敵の餌食になるからでしょうね。

http://navy.ap.teacup.com/430313/
投稿者:我太郎
みのりさん おはようございます

白化個体は長生き出来ないと言われていますが、長生きして欲しいです
投稿者:みのり
我太郎さん

 白いカラスはめずらしいですね
仲間はずれになるのですか?
 みにくいあひるの子みたいですね
AutoPage最新お知らせ