新・TOMさんの映画にひとこと

このページは日ごろ僕が書きためた、テレピや映画の鑑賞日記です。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TOM
確かにラストシーンのあとの寂寥感は、ガンダム作品というよりヨーロッパの反戦映画っぽい雰囲気ですね。ガンダム本編の中にも、たとえばミハルのエピソードみたいに、それに近いものはありましたが。

小説板、実はまだ手に入ってません^^;近くの古書店を漁ってみたのですが、Zや種ガン関係は山ほどあったのに、ポケ戦はなかったですね(;o;)
投稿者:ペケマン
ポケ戦、個人的には一番戦争のむなしさを描けてるガンダム作品なんじゃないかと。
最終話をみたあとだとしばらくブルーな気分のままになりますよ。
小説版のラスト、あれは賛否両論ありますね。
投稿者:TOM
どーもです(^_^)/

だいぶ前から登場するメカなども模型化されていたのに、実は観たのは今回が初めてでした^^;

御木本キャラのガンダムにちょっと抵抗があったのですが、その後、それどころではないいろんなガンダムキャラが登場したこともあって、今ではほとんどどうでもいい感じです。

いずれにしろ、シナリオのまとまりの良さには感心しました。小説版の存在は知りませんでしたが、今でも手に入るのかな・・・???
投稿者:joe91
こんにちわ。ポケ戦、ジュブナイル作品としても良い出来ですね。でも強そうなMSケンプファーが意外とあっさりやられてしまうのは少し残念。最後はガンダム対ザクで締めてましたね。ところでコレの小説版が出ていているのですが、チョット驚きの展開があります。よろしければ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ