札幌人からみた関西圏の鉄道事情

 
平成14〜15年度にかけての2年間だけ京阪本線の沿線(京都府八幡市)に住んでいた、鉄道好きの札幌人(生まれも育ちも北海道札幌市)が、少ない知識と僅かばかりの経験を振りかざして(笑)、関西圏を中心とした鉄道について語らせていただきます!
基本的にはJRよりも民鉄のほうが好きで、特に京阪電車と阪急電車が大好きです。昔から鉄道は好きでしたが、実は好きなだけであまり知識は無いので、いい加減なことを言っている様だったら容赦なくツッこんで下さい! よろしくお願いします。



カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログランキング

↓ 是非クリックして下さい ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、お手数ですがご協力よろしくお願い致します!

プロフィール

【ハンドルネーム】 たが
(但し昔は「神宮寺」を名乗っていたので、古い記事については、投稿者名は今も神宮寺のままとなっています)
【出身地】 北海道札幌市
【現住所】 同上
【趣味】 旅行、神社仏閣巡り、写真撮影、鉄道模型、読書、SNSやブログの更新など
【関西在住歴】 2年(京都府八幡市)
【特に好きな鉄道事業者】 京阪、阪急、阪神、近鉄、南海、京福、叡電、京急、江ノ電、熊電、札幌市交通局など

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

列車フラッシュ撮影自粛同盟

運転中・停車中の列車や、乗務中の運転士に向かってフラッシュを焚くことは、列車の安全運行上重大な問題があります。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:神宮寺
>C57198様

静態保全されているSLの運転室に入り、火室を覗くと、たまにゴミが捨てられていることがありますが、あれは本当にがっかりしますね。
正面も側面もナンバープレートが無くなって、その部分にナンバーがペイントされているSLもありますが、あれも心底がっかりさせられます。そんな無残な姿を晒させるなんて、その機関車が気の毒過ぎます。

ところで、最近大変興味深いニュースを聞きました。
JR東日本が10年ぶりにSLを復元し走らせる方針を決めたというニュースです。↓
http://mainichi.jp/select/today/news/20090204k0000e040073000c.html

保存状態が良好な車両数両が復活候補に挙がっており、近く本格的な点検調査に乗り出すとの事で、実際にどういった形で復元が実現するのかはまだ分かりませんが、またSLの勇壮なドラフト音が聞けるようになるのは嬉しい事です。やっぱり機関車は、動いてナンボですからね!
投稿者:C57198
>神宮寺様
突然のレス失礼致します。偶然この記事を見つけたのですが、記事を読んでいて「同じ様に思われている方が他にもいらっしゃるのだな」と改めて思った次第です。記事中にあった「9600形」は69608」の事ですね?写真を見る限り確かに門デフの片方が脱落する等酷い状態でした。私の近所にもC57198(昭和48年9月亀山区で廃車)が展示されていましたが、保存から3年でナンバープレートが二枚無くなっていた様です。私が初めて見た時(1983年頃)には既にシリンダーカバーがかなり腐食していた上、火室にゴミが捨てられていました。私自身この機関車に出会って以来蒸気機関車が好きになり、それだけに解体されたと聞いた時はショックでした。さらに2、3年前にC59166(JR西日本吹田研修センターに保存)が解体されたと鉄道雑誌の記事を見た時は「またか」と情けない気持ちになりました。さらに最近知ったのですが、JR東日本仙台研修センター内に保存されていたC611が解体されていたと聞いて「いったいJRは保存車両をきちんと手入れする気があるのか?」と怒りすら感じました。それだけに雄別のC11を修復しようというニュースはとても嬉しく思いました。また、日立市に保存されていた78653が五能線の沿線の深浦町に譲渡され、いずれは動態保存したいというニュースを知った時は「とりあえず良かったなぁ」と思いました。

長々と書いてしまいましたが、雄別のC11がC57198や69608の様にならない事を願います。
投稿者:神宮寺
>BT(山口県)様

コメントありがとうございます。レスが遅くなってしまい申し訳ありません。
現在、全国各地の公園等で“静態保存”という名目で事実上“放置”されているSLは、かなり危険な状況にあるように思えます。

鉄道専門の博物館やテーマパーク、鉄道工場の敷地内などで大切に保存されている一部のSLについては、(かなり大掛かりな作業となることは間違いないものの)時間とお金をかけて修復作業をすれば、動態保存機として甦る可能性のある車両も一部にはあるようですが、しかし、残念ながら全国にある大多数のSLの静態保存機は、もはや外観しか残されていない“死骸”といっても過言ではない程に、その内部(時には外観までも)はボロボロに朽ちています。

BT(山口県)様も仰るように、SLにそのような醜態を晒させることは、管理者や所有者としてはとても“恥ずかしい”ことなのですが、SLを管理・所有している人達がその恥ずかしさに気が付いていないという所に、最大の問題があるような気がします。
下関、宇部、山口、周南、柳井の展示SLはいずれも地元の方々により定期的または不定期に整備されているとのことですが、そういうニュースを聞くと、本当にホッと安心します!
投稿者:BT(山口県)
コメント拝見しました
唐津のSLは 昨年 何も知らずに唐津に出かけ
近くを探しても見つからなかったので(現地では港湾整備をしていたので) 別の場所に移転したのかなと思い
訪ねた港近くの交番で知りました

山口,島根では
山陽小野田,下松,光,岩国(以上,山口県)
益田(島根県)の展示SLは
いつ解体されてもおかしくない位 恥ずかしい状況です
下関,宇部,山口,周南,柳井の展示SLは いずれも屋根無し展示ですが
地元の方々により 定期的または不定期に整備されています
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ