札幌人からみた関西圏の鉄道事情

 
平成14〜15年度にかけての2年間だけ京阪本線の沿線(京都府八幡市)に住んでいた、鉄道好きの札幌人(生まれも育ちも北海道札幌市)が、少ない知識と僅かばかりの経験を振りかざして(笑)、関西圏を中心とした鉄道について語らせていただきます!
基本的にはJRよりも民鉄のほうが好きで、特に京阪電車と阪急電車が大好きです。昔から鉄道は好きでしたが、実は好きなだけであまり知識は無いので、いい加減なことを言っている様だったら容赦なくツッこんで下さい! よろしくお願いします。



カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログランキング

↓ 是非クリックして下さい ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しているので、お手数ですがご協力よろしくお願い致します!

プロフィール

【ハンドルネーム】 たが
(但し昔は「神宮寺」を名乗っていたので、古い記事については、投稿者名は今も神宮寺のままとなっています)
【出身地】 北海道札幌市
【現住所】 同上
【趣味】 旅行、神社仏閣巡り、写真撮影、鉄道模型、読書、SNSやブログの更新など
【関西在住歴】 2年(京都府八幡市)
【特に好きな鉄道事業者】 京阪、阪急、阪神、近鉄、南海、京福、叡電、京急、江ノ電、熊電、札幌市交通局など

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

列車フラッシュ撮影自粛同盟

運転中・停車中の列車や、乗務中の運転士に向かってフラッシュを焚くことは、列車の安全運行上重大な問題があります。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:だいすけ
神宮司様

おぉっ! 確かに現行のスカイライナーには貫通扉が付いていますね。

確かに成田〜羽田が京成電車で結ばれれば、地方から一旦羽田に飛行機で来て、国際空港の成田に電車で行く方法もとれるので格段に便利になりますね。

技術的な面はそれ程問題は無いように思えますが、問題があるとすれば鉄道会社の思惑(例えば京成が特急ダイヤで都営線内を駆け抜けたいと思っているとか)なのかもしれませんね。
投稿者:神宮寺
>だいすけさん

なるほど。私の中では、京急といえば「基本的には品川〜横浜間の電車。但し羽田空港や川崎大師への支線もある」というイメージがなぜか強かったのですが、考えてみれば(いや、考えなくても・笑)、京急は三浦半島方面にも路線を持っているのですから、単に「お洒落な街並みを走る都会派」というだけの電車ではないですよね。

そういえば、小田急が、わざわざ先頭車に貫通扉のある“青いロマンスカー”こと60000形を新造したのも、地下鉄(千代田線)に乗り入れる事を想定していたためでしたね。
地下鉄の路線に乗り入れる場合は、安全面から、貫通扉は必ず必要なのでしょう。
でも、現行のスカイライナーの先頭車にも、非常用の貫通扉はあったような気がしますが…。

ただ、(先頭車両に車両重量の重い制御電動車を連結するということも含めて)当然多少の改良は必要になるはずですが、スカイライナーが京急の路線に乗り入れることは、技術的にはそれ程難しいことではないように思うので(実際、スカイライナー以外の京成の電車は京急の路線に乗り入れているので、技術的には間違いなく可能なはずです)、個人的には、やっぱりスカイライナーでの羽田空港〜成田空港間の運転を実現して貰いたいです。
ワガママでしょうか?(笑)
投稿者:だいすけ
神宮司様

訂正です。
E259系車両の先頭車はクロモだと思っていたのですが、クロの誤りでした。
投稿者:だいすけ
神宮寺様

神宮寺さんの漠然としたイメージは強ち間違ってはいませんよ!
ただ、京急に関して言えば、沿線には
@海辺のリゾート地
A漁港
B山間部・耕作地
C高級住宅地
D商業地
E下町
F都心・ビジネス街
といった極端に違う顔が甚だしい時は一駅毎に変わるといった目まぐるしさがあるのです。

スカイライナーが羽田まで乗り入れるのをご希望とのことですが、残念ながら現状では不可能です。
何故ならば、都営浅草線内を運行する車両は、安全のために先頭車両に「貫通路」を設ける決まりになっていまして、さらに一両あたりの出入り口が二ヶ所しかないスカイライナーは「絶対に浅草線内を通る事の出来ない車両」なのです。

さらに京浜急行では、自社線を走行する浅草線・京成線及び北総公団線の各車両には、万が一の脱線のリスクを極限まで抑えるため、先頭車両は必ず車両重量の重い制御電動車(JRで言うところの「クモハ」ですね)を連結した編成にするよう申し入れをしていますので、京成がE259系成田エクスプレスの様な車両を導入しない限り実現しないのです。
投稿者:神宮寺
>だいすけさん

そういえば、以前は別のブログのコメント欄で、「赤い電車」のことを「世界で一番好き」と表現されていましたね。
関東の鉄道に疎い私は、あの時一瞬、「赤い電車って名鉄のことかな?」と思いました(笑)。「あ、でも京急のことかな?」と直ぐに思い直しましたが(笑)。

私の漠然としたイメージとしては、東武や京成は、良い意味で何となく泥臭い感じ(下町を走ったり、長閑な田園風景の中を走るイメージ)がありますが、それに対して京急や東急は、お洒落な街並みを走る都会派、というようなイメージがあります。
あと、京急といえば、やはり「飛ばし屋」というイメージもありますね!

私の場合、羽田からのアクセスはモノレールに乗る事が多く、東京への旅行で行きも帰りもどちらも京急を利用したのは多分今回が初めてではないかと思いますが、次回以降は、もっと積極的に京急も利用したいと思います。

個人的には、上野止まりのスカイライナーが、押上から都営浅草線に乗り入れて、そのまま羽田まで運転してくれれば、私なら絶対利用するのにな、と思います。
投稿者:だいすけ
今回も中身の濃い旅行を楽しまれた御様子でなによりです。

空港への行き帰りに私が大好きな京浜急行を御利用頂きまして、社長に代わって勝手に御礼申し上げます(笑)。

京浜急行は関東で唯一、関西圏の私鉄の醍醐味が味わえる私鉄として自信を持ってお勧め出来ます。
今回はご乗車されなかった様ですが、特に京急川崎〜上大岡の区間は、速度・曲率・高低差と、どれをとっても関西の私鉄ファンを満足させる事請け合いです。

架線も高速走行に対応出来る様に、合成コンパウンドちょう架方式を採用しており、各踏切に必ず設置されている脱線防止レールやアンチクライマー(残念ながら600型・2100型・N1000型では不採用)等と相まって、京浜急行の安全意識の高さを裏付けています。

9月のご旅行では、是非ともまた京急を御利用下さい。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ