自死という生き方 読後感

須原秀一著 自死という生き方 覚悟して逝った哲学者 双葉社 初版2008.1.25
私マイクスタンディングが これから読み始め 読後感の書き込みにチャレンジしてみます
ご意見 ご感想をお待ちします
マイクスタンディングのHPにもご訪問ください

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
何時もながら恐縮です
死やその不安をチャンスにすべく 行く行くは安上がりで楽しく自死をするべく ひとり公案するのがマイクのブログです
結構不安を紛らすことになっている筈ですが 今は何より自分の生きる気力が頼りないと思えて仕方がありません
枯渇しているドーパミンをもっと積極的に元気づけたいと焦っているのですが 答えのない自問しでしか・・・

https://sky.ap.teacup.com/jishi/
投稿者:コバテツ
マイクさま

>命尽きるのが遠くはないことを自覚した<
私も同じ心境です。
私の現状は息切れが激しく、歩けなくなることも時々起こる状態で、自己診断でCOPDだと思っています。
「その内息が出来なくなって死ぬのか?」と想像して不安になります。
そういう時には、日中不戦ブログを書くことにしています。
「どう説得したら戦争反対運動をする気になるものなのか?」と考えることを禅宗の公案と思っています。
是非真似してほしいと思って書きました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ