自死という生き方 読後感

須原秀一著 自死という生き方 覚悟して逝った哲学者 双葉社 初版2008.1.25
私マイクスタンディングが これから読み始め 読後感の書き込みにチャレンジしてみます
ご意見 ご感想をお待ちします
マイクスタンディングのHPにもご訪問ください

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
賞味期限内の話は 終活範疇のより美しい人生設計なので 多様で楽しい文化が育つでしょう
マイクは賞味期限が切れ 消費期限も切れて廃棄寸前での 人生締め括りかたを 探しています

http://sky.ap.teacup.com/jishi/790.html
投稿者:コバテツ
ちょっと言葉の注釈を
私の言いたかった「現役期間の長期化」というのは、賞味期限の話なのですが、通じましたか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ