Jinenbou style

アウトドア・釣り・料理
納得できなければ楽しくなんかない!
妥協をせずに走り続ける。
悠々として急げ!

 
自然坊 自然天然素材を使い調理する。野遊びの好きな親方そのものの意。
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:じねん親方
毛ン

 あだりめぇだっちゃ〜
 キミはボクに「釣れないクン」のまま
 年を越せとゆーのか!
 いぐっちゃ!
 ぜってぇまげねぇがんな〜
 頭領としてのソンゲンがかかっておるのぢゃ
 
 それに、カワハギの肝、いっぺぇ喰わねぇど
 冬を一回損した気分になっぺ?
 行ぐっちゃ、だ〜れぇ

 んでわ、雄勝で船仕立てっがらな
 あっこの船はちゃっこいがら
 4人くらいだな
 ?
 へーじつ、にちよ、どっちゃがあんべイイの?
投稿者:じねん親方
ヤスさん

 子供の頃受けた印象ってのは
 いつまで経っても忘れないもんですね
 ボクも親父とよく行きました
  土日は釣り
 それが楽しみで楽しみで
 カンテラのカーバイトが発する硫黄の匂いまでも
 釣りの一部と感じて好きでした
 砂浜からキャストして
 釣れたカレイやら、イシモチやら...
 たくさん釣って、たくさん喰いました
 やっぱ、みんな同じ経験があって
 今の釣りキチになっているのですね
 こうやって考えてみると
 親父の影響ってのは、大きいですな〜
 そこらへんを飲みながら一回ヤスさんと...
投稿者:毛
あれ??

まだ終わりじゃないの?

あれれ・・・




行かなきゃねえべっちゃ
それは。
投稿者:ヤス
子供の頃親父に連れられて
良く海に釣りに行き
またヌメリゴチや〜ヌメリゴチや〜って
トゲに注意せーって親父に教えられ
ようやく釣れたカレイは格別だった記憶が甦りました
カレイ尽くし・・あぁじねん坊へ行きたい
投稿者:じねん親方
ささきんぐさん

 このコメントを読んで
 幼少の頃のささきんぐさんを思い浮かべております
 端正な顔立ちに 
 顔面ペインティングをほどこし
 他の踊り子の子の真っ白とは違う
 カラフルなアボリジィニペイントだったのでしょう
 
 頭蓋骨も揚げれば食べられるのですけどね
 時間がかかってしまいます
 その間に薄い箇所が揚がりすぎてしまいます
 別々に揚げればよいのですけどね
 なにせいぱい釣ったので
 面倒になってしまいました
 面倒とゆー言葉は釣魚に敬意を評していないのですが
 どうにも時間に追われてしまいましたです
 
 
投稿者:じねん親方
毛ン

 ぬははははー
 うめがったどぉ〜
 
 でこいメバル釣ってこなくて
 不機嫌だった女将も
 (メバルの刺身から焼き、煮付けが大好物なんよ...)
 握り鮨やらなにやら喰って、ニコニコしてました
 こんだ、教えてやっからなー

 今年の船釣りは終了?
 ごくろうであった!
 ボクは船に乗ってウマズラ釣りに行きます
 仕事に追われながらも行く予定です
  ドコで?
 雄勝で!
  オラも?
 ま、連れてってあげます

 して、ボクは大工ではありませなんだ
  棟梁
 でわなく
  頭領
 です
 
 ヱェ、忍びのヤツの頭領です
 ま、
 料理人にならなければ
 でぇくになってたんですけどね...
投稿者:ささきんぐ
ボクがむかし伊豆の踊り子だったころ
親兄弟に連れられて
近所の浜へよくカレイ釣りに行きました
ボクはまだ踊り子だったので
カレイの種類はわかりませんでしたが
バケツいっぱい釣れました

カレイはもっぱら煮付けで
手のひら以下級はからあげでした
当時はリリースという概念がありませんでしたね
いっしょにテンコチ(メゴチ=ガッチョ=ノドクサリ)もよく釣れました
テンコチは身ばなれがよいので
まだ踊り子だったボクは好きでした
煮付けにしても唐揚げにしてもカレイに引けを取りません
引けを取らないといえば焼津の半次ですね
え?
しらん?
月影兵庫や花山大吉の相棒ですよ
おからがめっぽう好きな浪人で
猫が苦手なんです
半次は蜘蛛があかんのですけどね

はなしが脱線してしまいました
とぅんまてん
ほんで
カレイの骨煎餅
尻尾まできれいにあがってますね
塩をぱらっと振って
バリバリいきたい
バリバリいきたい
バリバリいきたい
え?
やかまし?
とぅんまてん
それにしても親方
頭蓋骨以外ぜんぶ食てまうのですね
畏れ入りましてございます
ああ
泉中央の駅前に生まれたかった
投稿者:毛
昨日は荒修行ご苦労様でした。
予想以上の天候でした。
今年の船釣りはこれで終わりですが
まだまだ別の荒修行は続く予定なので
辛くとも楽しみながら楽しんでいきましょう。


で・・・
なんすかこの喰いかたは!!

あんな鰈でもこんなんになるんだ。



かなりうまそう・・・
おいらたちではちょいと無理ですな。

さすが棟梁!!!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ