Jinenbou style

アウトドア・釣り・料理
納得できなければ楽しくなんかない!
妥協をせずに走り続ける。
悠々として急げ!

 
自然坊 自然天然素材を使い調理する。野遊びの好きな親方そのものの意。
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:じねん親方
ささきさん

 ワニまだです
 海蛇もまだ喰ってません
 マムシは焼いて肝も喰いました
 目に脂の膜張ったよになりましたし
 ボクの師匠は、肝喰いすぎて夜中にテントで鼻血出してました
 家にはじっちゃんが漬けた
 ボクと同い年のマムシ酒あります
 こんど一緒にどうですか?
 あ、
 一升瓶の中でとぐろ巻いてますけど...
投稿者:ささき
唐揚げ
なるほどー
そいつをお願いします
もちろん
いつかは鍋も・・

まえに
テレビでワニのステーキ見ました
見た目は牛で
とても美味そうでした
こいつもいつか食てやろうと思います

第1目標・・・鼈
第2目標・・・鰐
第3目標・・・海蛇(いらぶぅ)

どうしても食えそうにないもの
コモドドラゴン
イグワナ


ハブ酒は一度
マムシドリンクはなんべんか
飲みました
だいじょぶでした

投稿者:じねん親方
おりやん姐ぇさん

 スッポンはグロイんですよ
 どーやってもこんなんになります

 大きめのかたまりは えんがわです
 スッポンの甲羅は、外側ゼラチン質なんです
 ソコの部分ですね〜
 身にも全部皮が付いてます
 首やら手足やら…
 で〜んぶ皮がついてて
 しわしわに縮んでおります
 ドコ撮ってもグロイんです。すんません
 こんだ、遠目で鍋の写真撮ってみますね!
投稿者:じねん親方
ささきさん

 ハイりょうかい
 その日が来るのを楽しみにしております

 カタチ変えていきましょうね
 唐揚げうまいっすよー

 
投稿者:おりやん。
え、すっぽんて 爬虫類??
でも、おいしやんか・・。
親方のんの写真は、ちょっとグロやなー。

あの 皮かカラみたいのん、
なんとかなりませんのん?


投稿者:doromizu
じねん親方
 
よぉしっ!
(なにがよぉしや)

その折はお願い申し上げます

投稿者:じねん親方
ささきさん

 すっぽん嫌いな人は多いです
 とても多いです
 やはり
  見た目
 が、いかんのでしょう
 でも、食べ物と化すると、これはまた違う話です

 どうしても食べなければならないものなんてありません
 食べたくなければ食べない方がイイのです
 人間
 人間に限らず
 動物は、今 食べなければならないものを
 食べたいと思う 能力が備わっています
 
 人間は雑食性の美食欲求種ですが
 主義やアレルギーで偏食もします
 しかし、美食摂取欲求はとても強いです
 この辺がややこしいトコですけど
 爬虫類なぞ べつに...
 
 もし欲求が強くなったのでしたれば
 その時は是非わたくしめに調理をお任せください
   すっぽんは爬虫類ではない
 そう云わしめるべく取り掛かる所存です
投稿者:sasaki
じねん親方様

いずれ
闘わねばならぬ相手であることは
じゅうぶん解っているのです
そうです
いつかは闘うのです
しかし
「爬虫類」といふ三文字が
脳裏をよぎった途端にブリキ
ボクは「躊躇」という
書いてみぃゆわれたらどんな字やったかいなー
といふ二文字に苛まれ
勢い箸がすすまぬのです

台北にある蛇料理専門店の
入り口までは行ったのです酔った勢いで
ところが
入り口の両側に
さばかれる前の食材が陳列してあったのです
其れを見た途端にブリキ
ボクは食材ににらまれた蛙になってしまったのです
たったいままで千鳥足だった蛙は兎を脱いだが如く
大慌てで表へ飛び出し
一目散に雑踏の中へ逃げ込みました
ああ
人はなぜ爬虫類を食うのでしょう
そしてみな
勝ち誇ったように
「まいうー、まいうー」
と言うのでしょう
たしかに
「グロテスクなヤツはウマイと相場が決まっている」
という説に異存はありません
オコゼだって
ボッケだって
アンコウだって
とてもウマイです
いくらでも食えます
胃袋が破けるまで食えます
それなのに
どうしても此れを食わねば
一人前の人間にはなれぬのでしょうか

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ