Jinenbou style

アウトドア・釣り・料理
納得できなければ楽しくなんかない!
妥協をせずに走り続ける。
悠々として急げ!

 
自然坊 自然天然素材を使い調理する。野遊びの好きな親方そのものの意。
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:じねん親方
ささきさん

 無花果泥棒だけは...
 って、他のはやったってことですね
 
 ボクはもっぱら がん平じじぃの庭専門の泥棒でした
 捕まると羊羹やら焼き芋やら喰わせてくれるんで
 毎日のように泥棒してました
 毎日捕まるんですけどね
 
 単独犯です
 おやつ欲しさの確信犯でもありました
 ガキのクセに確信犯とはけしからんのですが
 ボケ防止に一役かっていたと
 そーゆーことです
投稿者:ささき
鱠dewanaku膾desuka
なるほど
なるほど
ベンキョになります
しかし
見事な柿色ですね
うまそです
是非食いたいです

ボクは上品に育ったので
柿や無花果をかっぱらったことはありませんが
一度だけ無花果泥棒の見張りをやらされて
泥棒たちはみな逃げおおせたのですが
見張り役のボクだけが逃げ遅れて捕まりました
小学校の2年か3年生の頃でした
以来
無花果泥棒だけはしていません
投稿者:じねん親方
RTさん

 いいなー、柿の木あって...
 ウチの庭にはめっちゃこい実がなるシブしかありませなんだ
 隣の家に美味い渋柿あったんですけどね
 駐車場になってから切られました

 がん平じじぃの家はなんで柿美味かったのかなー?
 腐葉土になる落ち葉は
 ボクがいつも掃いていたからなー
 (ま、いつも柿や無花果かっぱらって捕まって、そのお仕置きでなんですけどね)
 焚火した灰アクがよかったんかなー?

 ボクは甘柿よりも、渋抜いた渋柿が好きでした
 柿なますうまいですよー
 やってみて!
投稿者:RT
僕は今でも
柿はちぎって服にすりすりして
皮のままがぶり派です

柿も旨味を左右するのは土ですよね
うちにはあちこちに15本ほどの柿木がありますが
同じ時期に植えた同じ品種の柿でも
土地によって大幅に味が違います
山裾の花崗土の痩せ土に
落ち葉が堆積した土壌に生えてる奴が
うちのナンバーワンです

柿なますはまだ食ったこと無いです
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ