2018/12/7

一冊の本  


 こんにちは!タイヤ課新道店のAです。
 
 今年の2月に蔦屋で何気なくプラプラしていた時に、ふと一冊の本が目に入りました。
 その時は中をぱらぱらとめくった程度で、帰宅したのですが頭の中からその本が離れずに、後日買いに行くことを決意して、近くの本屋に向かいましたが置いてなかったので、数件まわってやっと買うことが出来ました。
 非常に読みやすい内容だったので、一時間ほどで一気に読み上げました!!
 その中で印象に残っている事は「子は自分の親を選べないと言われているが、母親を選んで生まれてきている」です。
 他にも色々興味深い心打たれる内容となっておりますが、気になる方は「神様は小学5年生」を一読お勧めします!

 人生観変わるかもしれませんよ!?



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ