2012/8/25

ある日の出来事  

 こんにちは!部品部車輌仕入係のTです。

 先日 公園の駐車場で洗車をしていたら、子供が
泣く声と、母親の叱りつける声が聞こえてきたので
見渡すと 自転車に乗る事が出来ない姿がありました。
 しばらく見ていたのですが 悔しさで泣くその子に
「自転車乗りたいか?」と尋ねると「いくら練習しても
転ぶんだ」との事なので 「おじさんと一緒に練習しよう」との
一声で 特訓が始まりました
 最初から ブレーキを掛けて足を着くことは出来ていた
ので なぜ直ぐに転ぶのか後ろから抑えながら見ていると、
視線が前輪タイヤばかり見ていて タイヤが振れて転倒
していました。
「視線を遠くに 漕ぎ出しは勢いよく」と教えながら
走ると、後ろから手を添えていなくても、意図も簡単に
乗る事ができ、本人・お母さん共々感激して「お母さん
乗れた」と飛びつき、抱き合って喜んでいました!

 自転車を通して、子供の喜ぶ姿・親子愛を再認識した
休日の出来事でした。


 今頃 チャリンコライダーは、元気に公園内を
走り回っていることでしょう…!




2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ