「旬 菜 里」は、旬に採れた季節の野菜をお届けするのと同時に、旬の野菜を使った料理や、旬の野菜を栽培してくれている農家の皆さんを取材しながら、皆さんと供に、旬な野菜について語り合うコミュニティを目指します。
旬菜里は季節ごとの旬の果物・旬の野菜の千葉の山武の名物通販店です。

| ホーム | ショップ | 問い合わせ |

2013/8/18

十七夜講〜灯籠流し  行事
今日は父と母が眠る芝山仁王尊で十七日夜講がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

お盆に帰ってきた祖先を見送る灯籠流し。
供養した後、名前を書いて寺内にある川に流しました。

クリックすると元のサイズで表示します

父と母、それぞれに名前を書き、主人と一緒に流しました。
流れの違いがあってか父のが先に行ってしまい、途中父の船がまるで母を待つように止まっていて、まるで父と母のさまをみるようでした。

灯籠を流したあと、五重塔の前でサマーフェスティバルがありました。
沖縄民謡が披露された後、フリージアという琉球ポップスのメンバーのコンサートが

クリックすると元のサイズで表示します

主人と改めて「ここにしてよかったよね」と。
きっと父も母も楽しんでいたことでしょう。


0

2013/8/25  19:55

投稿者:づみ
>gin&hokuさん
こちらこそ、ご無沙汰しました。

私が音頭とらなくともえーちゃんの人柄で多分それぞれの思いが届いたと思います。
ただなにかひとつにまとめて届けたいなと言う思いで思いつきました。

先週のツィでえーちゃんが一般病棟に移ったと聞きました。
ちょっとずつ前進していると思っています

2013/8/24  11:45

投稿者:gin&hoku
すっかりご無沙汰しておりました。

誰かのために、一生懸命何かをなさるづみさん、
いつもすごいなぁと思います。

千羽鶴プロジェクト、参加できませんでしたが、
皆さんの思いが届き、
えーちゃんさんが一日も早くご回復されますことをお祈りいたします。

2013/8/19  19:13

投稿者:づみ
>KYOさん
お母様の地元は海に流すんですね
川なら流れがあるけど、海だと難しい感じします
でもきっとえっちらおっちらと沖へ向かうんでしょうね

じつは一部の灯籠はろうそくの火が引火して燃えてしまったものもありました。
寂しい感じしました。

とてもよいイベントでけして派手ではなく、その場にマッチしていました。
混雑もしてなくて、だからと言って人が多いわけでもなく、ちょうどいい感じでした

2013/8/19  19:07

投稿者:づみ
>バラカさん
灯籠の話を妹に伝えたら「相変わらずだね」と
生前もこんな感じの夫婦でした

サマーフェスティバルは今年復活しました
震災後控えていたみたいですが
菩提寺は年間何回かいろんなイベントやるんですよ
秋には埴輪まつりがあります
ちょっと前までは毎月コンサートともやっていたんですよ

父や母も楽しんでくれていたと思います
けして派手ではなく、落ち着いた感じでゆっくりできました

2013/8/19  19:02

投稿者:づみ
>Rooさん
ありがとうございました。

Rooさんのところでも灯籠流しをやっているところがあるんですね
地元でやっているの、今回初めて知りました
菩提寺でもあるのでこれからは毎年来ようと思います

2013/8/19  5:47

投稿者:KYO
灯籠流し、本物は見たことないんです。
母方の菩提寺では灯籠流しは海だそうで、昨年新盆だった叔父を送りましたが、母も地元の灯篭流しは「初めて見た」と言っていました。

大々的にではなくかなりひっそりやっているみたいで、主に海難事故に遭った人が対象なので灯篭も多くは無く、その日の潮の流れがたまたまだったのかどうかはわかりませんが、どの灯篭もなかなか沖には出ず、母曰く「帰りたくなさそうだった」と寂しそうに言っていました。
中には沖に出る前に波に飲まれてしまうものもあったそうです。
悲しみを新たにする行事は、切なすぎると思いました。

その点フェスティバルを一緒に開催してくれるのはいいですねー。
送る側の心に沿った配慮だと思いました。

http://brisbane.gday.jp/

2013/8/19  0:45

投稿者:バラカ
新盆の灯篭流し、御父様の船が先に流れて行ったけれど、とまってお母様の船を待っておられたというのがぐっときました。

五重塔の前でのコンサートもすばらしかったようで、お盆で帰ってこられていたおかあさま、おとうさまも楽しんでいかれたことでしょう。
こういう企画、毎年あるのですか?大勢で楽しめる粋な企画ですね。


☆Rooさん、お帰りなさい。
お忙しい中、千羽鶴と一緒にみんなの心を届けてくださって、ありがとうございました!
まとめ役のづみさんにも感謝しながら、あらためてえーちゃんのご回復をお祈りします。

2013/8/18  17:04

投稿者:Roo
そちらも灯籠流しだったんですね。
熊谷もそうでした。

さきほどえーちゃんのお見舞いから戻りました。
千羽鶴プロジェクトの方にご報告させて頂きますね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ