2017/1/30

探鳥会「四十八瀬川」  自然村

1月30日 四十八瀬川自然村「河川部会」の野鳥観察会が行われました。
連日の寒波もひと休みで、少し風がありましたが気温が上がり汗ばむ程の陽気のなかを、旧甘柿橋から四十八瀬川の土手を上流へ 才戸橋までの往復を、参加者8名でゆっくり歩いてきました。    
河川敷の枯れた葦の茂みには、アオジやホオジロ、カシラダカが、
上空ではノスリやオオタカ、トビ、チョウゲンボウがカラスとバトルを 繰り広げていました。
今年は26種類の鳥が観察出来ました。

 【観察された鳥】
キジバト アオサギ ダイサギ トビ オオタカ ノスリ チョウゲンボウ
モズ ハシボソガラス ハシブトガラス シジュウカラ ヒヨドリ ウグイス      
ツグミ ジョウビタキ スズメ キセキレイ カワラヒワ エナガ ムクドリ
シメ ホオジロ カシラダカ アオジ コジュケイ ガビチョウ       

クリックすると元のサイズで表示します           
 
 ホオジロ
クリックすると元のサイズで表示します           
 
 ツグミ
クリックすると元のサイズで表示します            
 
 キセキレイ
クリックすると元のサイズで表示します           
 
 アオサギ
クリックすると元のサイズで表示します

アヒル 弘法山の「トラツグミ」は、わくわくページに掲載しました。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ