2009/12/28  18:45

泣いた〜  
本日、2009年仕事納めで世田谷は岡本のチョー高級マンションの窓クリでがんした。

Mさん、贈り物ありがとがんす。



昨夜に録画した「武士の一分」をさっき観たでがんす。

お話はあっさりな設定でがんすがぁ、草食タイプ というコトバが産まれる現代に反し、

誇りや執着、生き様や死に様を強調した作品でがんすなぁと感じたでがんす。、

木村拓哉さんは今後、もっと良い俳優になるだろなぁ・・。と思いました。

この人は役柄を問わず、自分節(クサさを含めて)をかもし出せる人だなと関心しました。

んだば、この映画は笹野高史さんの存在が作品を仕上げている!

_と、感じました。

代わりが浮かばないくらい完成度の高い演技だ☆☆☆拍手!

年の功なのかな

庄内弁がしみるでがんす・・。



せば、 良いお年を〜 ^@^/





0

2009/12/29  0:33

投稿者:剛
やっと観たかい〜!☆~

 ..いい映画だべ〜〜...

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ