2008/5/16  17:43

早々と仕事を終え  
昨日に続きMサンと仕事終え、帰路の車中で戦争中の話とか
三味線作りの話とか、少年時代の話をしてくれた。

第二次世界大戦中、沖縄の小学生だったMサンは学童疎開のため
宮崎県に向かうハズの赤十字船に乗っていた。定員2000人。
ところが、先に出航した2隻が魚雷で撃沈!(え…マジ?!)
舵は台湾へ変更。(台湾って…)
「船底をすり抜ける魚雷の音は今でも憶えてるなぁ…
機械音ってゆうか、動物の鳴き声みたいなんだよぉ!」

…背筋が凍るとはこーゆーコトなのか!?!
いくら想像力をフル活用してもオレにとっては映画のような話。
NHK番組だぁ!

帰国して月日がたち、中学生になると「キケンな金稼ぎ」
をしていたそうな。
近所の山奥で爆撃演習に軍が使う爆弾を拝借して信管を抜いて
火薬を密猟者に売っていたそうな…
「信管抜くのヘタなヤツはバクハツして死んだよなぁ…」
・・・。
食べるため 生きるため とはいえ…
戦争とその爪痕にはヒトの常識を塗り替えてしまう怖さが
あるのかぁっ!!?

Mサン今日はお疲れ様でした。
貴重な体験話、ありがとうございます。

これから友人のライブを見に池袋ロサ!
今の時代はイイんだな〜
幸せをかみ締めて楽しむぜ!




0

2008/5/21  5:49

投稿者:hiroxx
おお〜!悪津クン!先日はおつかれです!
そちらブログも拝見してるよ〜
「表現」は感銘モノだったよ!
ごっつぁんです

2008/5/21  0:09

投稿者:悪津(A組のA)
連日面白いなあ、マジ(笑)言葉の面白変換とかも(笑)…Mさんは本当に物語の宝庫じゃ しかしこのエピソードは知らなかった
面白い話、まったくありがとさん

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ