ソウルキャリバーBD テクニック  生活

今回も、名声システムとか、クリエイション用のパーツを増やすためとか、どうしても各モードで勝ち進める必要があります。

けど、まともに戦っていたのでは、効率が悪いということで、実際に僕がやったせこい方法を紹介したいと思います。

※このゲームはどちらかというと前作4などをプレイする時のために、実力をつけよう!っていうテーマが強いので、ガントレットモードを一通り終わらせると、コンピュータ相手には楽勝とは言えないまでも、まあいい勝負ができるようになります。ですから、まずはそれをやって、実力の底上げをするのが一番だと思います。



全体として
どのモードで遊ぶときも、言えることですが、今回は今までのどのシリーズよりも、闘いの場所が狭いので、上手く相手を落とし、リングアウトにするのも、有効な手段です。どれだけ相手の残り体力があろうと、リングアウトも1本と換算されるので、手っ取り早く勝負をつけたい時や、自分がやられそうな時、一発逆転としてねらうべきだと思います。そのためにも、自分が使うキャラクタで、相手を遠くにとばす技や、浮かせる技にどんなものがあるのか、知っておくとよいでしょう。

さらに、RやLボタンに、投げ技コマンドをセットしておくことで、ガードをされたらすぐに投げに入ったり、あるいは投げ→倒れる→起き上がる→すぐ投げという風に相手に何もさせずに勝利したりすることもできます。相手の武器や戦い方をみて、投げにもちこめそうか、判断するといいと思います。

クイックマッチ攻略
これは勝利数と、連勝数がカウントされる=パーツ解放、名声に関わってくるので、負けそうになったらスタートを押してモードセレクト画面にもどる、というのは当然として、もし負けてしまったら、すぐにメモリースティックを抜いて、モードセレクト画面にもどり(ここでセーブ失敗になります)そしてオプションでデータをロード。これによって一つ前までの試合の状態に戻すことができます。
戦う相手も、勝利数が敗北数よりも少ないもの、具体的には、称号が100〜200台のものを相手にすれば、たまに強いのがいるくらいで、難なく勝てると思います。単純に連勝数などは、一度勝って称号を手に入れている相手に勝ったとしても増えるので、自分が確実に勝てる相手をしぼって増やすことも可能です。どうしても勝てない場合は、勝利数2桁の相手が出ない場合モードセレクトにもどって入り直す、を繰り返すという方法もありますが、負けても上で紹介した方法があればいいやと、果敢に挑戦するべきだと思います。


以上は、下段蹴りを繰り返したら勝てる、みたいな方法で、正直胸をはって言えることじゃないですが、どうしても勝てない、パーツが増えないという方は、やってもらえたらいいと思います。つまんなくて売るとかじゃなくてね。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ