TMNT  映画感想

小さいころ、タートルズっていう亀のおもちゃのシリーズを集めまくってた。実写映画とか、テレビアニメとかももちろん見てたし。でもミニシリーズとかいうので風呂敷広げすぎて、全部集められない→なんでこんなにはまってるの俺?っていうブームのかげりと僕の中での一時的な幼稚さからの脱却が重なって…(以下略

時間たったけど、CGアニメ映画が公開されてたって知って、急いで手に入れた。ネタバレ有りの感想です。


全体的になつかしい雰囲気で、それぞれ4人の性格っていうか特徴は思い出と同じで、ナチュラルに動いてる彼らにかつてのファンとして感動を覚えた。というかスプリンター先生はガチで反則的なかわゆさ。設定上、たぶん下水にいる種類のネズミだとおもうけど、先生は威厳があって、信頼されてて、つぶらな瞳。ナイスギャップ。

ミケランジェロはパーティーに呼ばれる着ぐるみのバイトしてるんだけど、そのおみあげのケーキを先生に渡そうとして、ドナテロに食べ過ぎってしかられるけど、ちゃっかりもう一個のあるケーキを隠れて受け取る、とかすごいなごむ。これは特典の、カットされたシーンの中の一つなんだけど、確かに街を救うとか言ってるのに場違い過ぎるよね。

もちろんカメたちも当たり前に格好いい。レオナルドは修業にでてて、その他はミケランジェロみたいに仕事をやってる。ラファエロは「ナイトウォッチャー」として暴力で事件を解決する、正義なんだけどやり方が…みたいなバットマンみたいなことをやってて、もどってきたレオナルドに間違ってるといわれて、勝負するシーンもある。

そう、レオナルドとラファエロが戦うシーンがあるんだ。しかも雨のなか、ビルの屋上で。DVDを見たんだけど、これがブルーレイだったらどうなるんだろって思った。それくらい格好いい。カメはダサイっていう価値観をもってる人がいたらそれが粉々に砕けるくらい。

シュレッダーっていう宿敵は倒したっていう設定で、アジトに一瞬彼のマスクが飾ってあるのが移るけど、その手下であるフット団と協力するシーンもあるし、その幹部が意味深なこといって、シュレッダー復活をほのめかしたりとかなかなかよかった。

シリアスな中にも、笑えるシーンあったり、今回の敵のバックストーリーは少し哀愁を感じるものがあるし、かなりいい映画だと思う。13つのものを集めるっていう流れで、途中から手に入ったシーンのみで過程を省いてたのはすごく評価したい。たまにいちいち一つずつ手に入れてく様を描写するのとかあって、本当なに考えてるんだって思うときあるよね。


昔おもちゃをもってたとか、テレビを見てたって人、あるいは全く知らなくても楽しめるとは思うので、くだらないことを関係なくすかっとしたいときに、おすすめです。


※ナイトウォッチャーのバイクで遊んでる人がいました。
オーメン72:TMNT ナイトウォッチャースタントライダー
http://blogs.yahoo.co.jp/damien_sancho/48795027.html



ミュータント・タートルズ-TMNT- 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-12-10)
売り上げランキング: 27357





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ