L スピンオフ小説  

「L change the WorLd」
映画版のほうのLを主人公にした映画がやるそうで、それの小説版?とはまた違うものがでたので買いました。
(原作、映画前後編、などのネタバレ含んでます。)

まず、あおりになっている「Lが死ぬ、23日間までのストーリー」という時点で、少し混乱しました。
原作とちがって、映画だとキラに殺されないように、先に自分でノートに名前を書いたんですよね、映画のLは。

著者の「M」さんは来年公開のスピンオフ映画の脚本をつくるメンバーの一人だそうで、つまりこの本は完全な映画のノベライズではないそうです。

サバイバーという、カウントダウンにあわせてページ数が逆から始まって、最後のページが1ページ目という小説があるのですが、この本はLが死ぬ何日前か、というのが本の上部にメーターの用になって視覚的に追い込まれていくものだったり

各章のサブタイトルが漢字2文字の熟語で統一されており、原作の雰囲気がよみがえってきて、緊迫感があった。


まだ全て読み込んでないのですけど(今日年内最後の予備校が終わったw)Lが死ぬ間際に解決?することになる最後の事件、キラ事件の数年前にさかのぼるのですが、そこでのLの会話とか、おもしろくて笑いっぱなしだった。

僕みたいに原作を何回も読んじゃってるタイプ(笑)は、もう確固たるL像ができあがってたりして、少なからず映画版にはとまどいがあったけれど、この小説ではまんま小畑先生が書いたLが頭の中で動いてるようすが想像できて、買ってよかったと思った。

特に、Lファンとして、「単なるアルファベットの12番目ではない。」として、ある単語の頭文字からとった、という説明があるのですが、そこをよんでますます好きになったというか、著者に『Lの株を上げてくれてありがとう』と言いたくなった。
(読んで確認してみてください。)


L change the WorLd
L change the WorLd
posted with amazlet on 07.12.27
M
集英社 (2007/12/25)
売り上げランキング: 109






2008/1/6  13:15

投稿者:きよ

おめでとうございます。
今年こそ、なんとか大学生ブロガーって奴になりたいです。

2008/1/5  13:51

投稿者:凪子

明けてしばらくたってしまいましたが・・・
〜おめでとうございます〜
今年もよろしくお願いしますー。

http://white.ap.teacup.com/chocolatefactory/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ