犬と私の10の約束  

王様のブランチを見て、何かを買う日が来ると思わなかった
放送を見てすぐ携帯の楽天サイトで買ってしまったw


英語の詩「犬の十戒」
具体的には、
1.私と気長につきあってください。
2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3.私にも心があることを忘れないでください。
4.言うことをきかないときは理由があります。
5.私にたくさん話しかけてください。
  人のことばは話せないけど、わかっています。
6.私をたたかないで。本気になったら私の方が強いことを忘れないで。
7.私が年を取っても仲良くしてください。
8.私は十年くらいしか生きられません。
  だからできるだけ私と一緒にいてください。
9.あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。
10.私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。
  どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。

前にも何度か見たとがあったんですけど、この本はそれを軸にした物語になっていて、これまたいつもの通り「泣くのをわかっていたけど、やっぱり泣いてしまう」話でした。

十戒の最後に関連して、悲しいことに、登場する犬「ソックス」は終盤で亡くなってしまうのですが、そこに「虹の橋」の話もでてきました。これについては次回改めて書きます。

表紙を見てもらえるとわかるとおり、この本には可愛いワンちゃんの写真がたくさんあります。僕がテレビでみてかう気持ちになった一つの理由もそこなんです。

家族全員犬が大好きなので、読了した今はもっぱら母を癒す写真集として機能しそうですが、さわやかに泣きたい方に。
来年映画化もするようです。

犬と私の10の約束
犬と私の10の約束
posted with amazlet on 07.11.04
川口 晴
文藝春秋 (2007/07/28)
売り上げランキング: 1098
おすすめ度の平均: 3.5
5 あるべき日常が淡々と
4 犬好きにはいいんだけど・・・
5 心ならずも泣けました





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ