自宅のWifiをより高速に。AirMac Expressを導入してみた。  生活

iPod Touchの購入を期に自宅に導入した無線LAN(Wi-Fi) インターネットがフレッツ光なので、それに合わせて光ポータブルという機器をレンタルして、それまで全部のパソコンに有線でつないでいたインターネットが、無線でできるようになりました。

しかしながら、有線、ケーブルを直接つないだ時に比べて通信速度に若干の差が出てきてしまうのも事実であり、光ポータブルから離れれば離れるほど、当たり前ですが遅くなってしまっていました。

さらに、何が原因か、突然つながりが切れてしまうことがあり、光ポータブルを再起動しなおさないといけない事態になることもしばしばありました。
スマホの場合はWi-Fiがなくても3Gなどがあるので通信できますが、iPadやiPod touchはWi-Fi環境がなくなるとものすごく残念なデバイスなので煩わしくても再起動のために家を移動することとなりました。
※おそらく複数のデバイスで同時にネットやったりしてるのがまずかったのかも。

それを何気なく話したところ、父が同僚に相談したらしく、いつの間にかAirMac Expressなるものを薦めていただき、いつの間にか購入。昨日届きました。

iPadなどは使ってるものの、Macに触ったことなんてほとんどないので、ものすごく不安だったのですが、どうやらモデムとケーブルでつないだ後はiPadやPCを使って簡単に設定できるとのことで、色々と調べながら接続。

イーサネットケーブルというものでつながないといけないのですが、今まで使っていた普通のLANケーブルでもなんとかなるだろうと高をくくり、PPPoEとかプロバイダのIDパスとかにらめっこしながら格闘すること2時間、とうとうつなげられません。
〈半分別の作業してたのでまる2時間ということはないです笑〉

で、改めてイーサネットケーブルを購入してきて、つなぐとあっさりできてしまったという。
設定自体〈自分で新たにWi-Fiスポットを作るようなものなので、好きな名前、そしてパスワードを設定できます〉は最初にできていて、インターネットの接続だけができていなかったので、さして、接続方式を「イーサネット」って選んだ瞬間すぐ開通っていうね。
ブリッジ設定とか細かい変更が必要のようですが、とりあえずWi-Fiは使えるようになりました。

ここからが本題ですが、早いこと早いこと。体感的に倍ぐらいじゃないのかと思うくらいだったので、思わず測定サイトを開いて比較してみたところ、
までのWi-Fi 最高 17.48M 平均 13.79M
AirMac Express 最高 44.07M 平均 27.44M

リアルに倍速出てました。

測定するアプリがありまして、先ほど測定した結果はこちら
クリックすると元のサイズで表示します



自宅でWi-Fiを使ってるけど場所によって遅くなる、あるいは新たに導入してみたいという人は(イーサネットケーブルさえあれば)簡単なのでオススメです。
毎月レンタル料を数百円払うか、自分で買ってしまうか。
安いものは3000円くらいで購入できるので、値下げがないApple純正で、高すぎる買い物を、と思いましたが、満足のいく結果となりました。

↓のような本体と、電源ケーブル、説明書しか入ってないので、イーサネットケーブルをお持ちでない方はついでに購入することをお勧めします。
Apple AirMac Express ベースステーション MC414J/A
アップル (2012-06-13)
売り上げランキング: 305



結局スマホに変えてしまいましたが、
ガラケー+iPod touch(Wi-Fi環境)が最強だと、今でも思ってます。
タグ: iphone Wi-Fi AirMacExpress




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ