アンダーワールド 覚醒/ケイトベッキンセイル主演。ヴァンパイアアクション第4弾  映画感想・アクション

アンダーワールド 覚醒 [Blu-ray]

どこかバイオハザードシリーズとも通ずるものがある、スタイリッシュなダーク系アクション傑作の第4弾。数百年と続いてきた吸血鬼<ヴァンパイア>と狼人間<ライカン>の戦いは、新たな局面を迎える!


あらすじ
世紀を超え、ヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)の種族の存亡をめぐる死闘が繰り広げられてきた闇の世界“アンダーワールド”。哀しき宿命を背負ったヴァンパイア処刑人セリーン(ケイト・ベッキンセール)は、ヴァンパイア族からもライカン族からも追われた果てに、人間に捕らわれていた。その間も両種族の戦いは続き、更には、その力を手にいれようと、人間もが戦いに参戦。12年もの眠りから甦ったセリーンは、復讐のために、そして一人の少女を救うために、ヴァンパイアVSライカンVS人間の三つ巴の戦いへと身を投じるのだった……。(goo映画より


ヴァンパイアにも狼男にも噛まれたことにより、かなり強い『混血種』となった恋人マイケルをかばったことから、両方から敵対視されたセイリーン。逃走も虚しく、二人は人間に捉えられてしまいます。彼女は気づくと研究所らしき場所に凍結されており、何者かに助けられて脱出に成功。助けてくれたのはマイケルだと思いきや、女の子。それも、マイケルと同じ混血手…
本格的にヴァンパイア、ライカンの存在が世間に広まり(非人類と表現されてました)ますます多方面から狙われるセイリーン。この三つ巴の戦いも、混血種によってさらに強く進化したいライカン、それに協力してるっぽい人類、そしてすべての火種となった彼女を快く思わないバンパイアと、いろいろな思惑が渦巻いてます。
かっこいい女性がスタイリッシュなアクションをするのは「バイオハザード」にも似てますが、今回は「イーオン・フラックス」成分も追加されてます。
なんにせよ、やはりヴァンパイアアクションはこうでなくちゃ、というしびれる演出でとても面白く、あっという間に終わってしまいました。

前作から6年と間は空いてしまってますが、やっぱりこのシリーズは面白いなと再確認させられました。続きも作ろうと思えば作れる終わり方なので、余韻に浸りながら、待ってみたいと思います。
バイオ6は来年公開が決定しました。

アンダーワールド 覚醒 (初回生産限定 コレクターズBOX 3D&2Dブルーレイセット) 2枚組 [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-07-11)
売り上げランキング: 11,034

【Amazon限定】アンダーワールド 覚醒 IN 3D スチールブック [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-07-11)
売り上げランキング: 16,397

アンダーワールド 覚醒 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-12-19)
売り上げランキング: 7,221


イーオン・フラックス プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2006-09-27)
売り上げランキング: 41,666

バイオハザードV リトリビューション ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-12-19)
売り上げランキング: 281






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ