荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE/ドラマ見てても見てなくても楽しめる  映画感想

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE スペシャルエディション (完全生産限定版)[Blu-ray]

アニメで一気にはまり、実写版も毎回感想を書くほどに楽しんだ「荒川アンダーザブリッジ」の映画版、ついに見ることができました。
ドラマの続編で、リクは荒川開発を防ぐため、憧れ畏怖している父に立ち向かいます。


あらすじ
“他人に借りを作るべからず”その家訓に育った大企業の御曹司・リク(林遣都)は父から荒川の開発の妨げとなる不法占拠者を退去させろと命じられる。だがそこへ向かった矢先、リクはトラブルに遭遇、自分は“金星人”だと名乗る謎の美少女・ニノ(桐谷美玲)に助けられ、生まれて初めて他人に借りを作ってしまう。どうにか借りを返したいリクにニノが出したお願いは「私に恋をさせてくれないか」というものだった。さらに荒川河川敷にはニノ以外にも、常識はずれな人々が住みついていた。理解不能の状態に戸惑いながらツッコミを入れるばかりのリクであったが、彼らと共に過ごすにつれて自分の居場所がここにあると思うようになっていく。金や権力がすべての生活では知りえなかった、束の間の楽しい日々。だが、強制退去の期日、そしてニノが金星に帰る日は刻一刻と近づいていた……。
(goo映画あらすじより)



サブタイトルにも書きましたが、序盤はドラマ版の映像をちょいちょい使いながら、荒川で暮らすことになった経緯などを総集編的になぞってくれてるので、ドラマ版を見ていなかった人でも十分に世界観を理解できると思います。
でもドラマ版を見とけば一人ひとりについてより深く知ることができるんで、オススメですけどね。あと今回もよかった『前口上』というか村長の一人がたりが毎回面白い。
ストーリーとしてはだいたい予想通りでしたけど、最後の部分は、そこまで書いちゃっていいの?という感じで少し驚きました。
あとは相変わらず村長の謎っぷりとかっこよさ。小栗旬かなり似合ってると思うんですけど、表の(裏の)顔的に、もう少し年齢が高い方がよりしっくりきたんじゃないかなぁとも思ったり。あの飄々した感じは大好きですけど。

ドラマではあんまり出なかった秘書たちやリクの父がガッツリでてるし、いい感じの終わり方だったのでドラマ〜映画としてはとてもすっきりとした締め方だなと思いました。
作者の中村光先生の産休のため、コミックスは12巻まででしばらく出ていないので、またストックがたまったらアニメ3期をやってくれることを信じてます。
もちろんOPは「やくしまるえつこ」で。

おまけ
かつて書いた感想
荒川アンダーザブリッジ 1話 感想
荒川アンダーザブリッジ 2話 感想
荒川アンダーザブリッジ 3話 感想
荒川アンダーザブリッジ 4話 感想
荒川アンダーザブリッジ 5話 感想
荒川アンダーザブリッジ 6&7話 感想
荒川アンダーザブリッジ 8&9話 感想
荒川アンダーザブリッジ 10話 感想




ドラマのBOXはこちら
荒川アンダー ザ ブリッジ Blu-ray BOX
キングレコード (2011-11-23)
売り上げランキング: 16,995

荒川アンダー ザ ブリッジ DVD-BOX
キングレコード (2011-11-23)
売り上げランキング: 27,439







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ