ターミネーター4 /やっぱりシュワちゃんは強い  映画感想・アクション

ターミネーター4 スペシャル・エディション [Blu-ray]

シュワちゃん主演の大人気シリーズターミネーター。その劇場版4作目となる今作の主人公はジョンコナー。バットマン他でおなじみのクリスチャンベイルが演じる彼は人類を救う救世主となりえるのか‥


時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパーコンピューター“スカイネット”に支配されていた。生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに備えていた。部隊のリーダーであるジョン・コナーは、“スカイネット”がやがて自分の父親となるカイル・リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく生き抜く少年カイルは、核戦争のことも、今が何年かさえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。(goo映画あらすじより


1や2で「人類を救う男」として未来から刺客(ターミネーター)が送られ危機に陥っていった少年、それがジョンコナーで、現在は成長し、何よりも人々の救出に重きをおいて戦っている様子。
アクションシーンとしてはもう素晴らしくて、圧倒的な戦力差がひしひしと伝わってきました。特に巨大なロボットが来た時はちびります。ターミネーターっていうよりトランスフォーマーっぽい(笑
謎の男マーカスの正体については見ているこちらはなんとなく予想できるので、それがどう絡んでくるのか、そして少年カイルは無事にジョンと出会えるのか。
カイルが死ぬ→過去に送ることができない→ジョンコナーが生まれない→人類の勝機は??? となってしまうので。

スカイネットの本部はなんとなくバイオハザードを思い起こされました。人類がいるわけじゃないんだからあんなに綺麗なオフィスビル的な内装にしなくてもいいのに、なんて余計なこと思っちゃいました。

タイトルにも書きましたけど、やはりシュワちゃんは圧倒的に強い、そしてカッコイイ。CGを駆使して当時を再現されてますけど、それ以上にしびれました。

ターミネーター4 スペシャル・エディション [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-04-16)
売り上げランキング: 11,708

ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-04-06)
売り上げランキング: 25,054





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ