ジョジョリオン 第17話 感想 【ネタバレ】  ジョジョリオンあらすじ感想

ついにアニメ2部突入。どの部が好きかと言われたら答えは出せませんが、好きなジョジョと言えばやっぱりジョセフだなぁと再確認。ジョニィもいいんですけど、読んでて(見て)一番好きなのはこの人ですね。
一方、今回、ついに8部のジョジョこと定助の秘密が明らかになります。前々から薄々感じていた予想が、確信にかわりました。
ネタバレ前回のあらすじ+感想です。


#017 家政婦の虹村とホリー・ジョースター
↑また0が復活してました(笑

冒頭から、広瀬康穂ちゃん編。前回はほとんど出番はゼロだったので、その前のホリーさんと別れた後が描かれてます。
部外者として、警備員に病院を追い出された彼女ですが、なんとかして病室に戻ろうと仮病を使ったりするものの、相手にされず。
しかし口輪筋(口の中の筋肉)を切って緊急搬送されてきた患者と間違えられ、運良く病院内に戻ることに成功。担架に乗せられ運ばれるさい、またしても影にはスタンドが映ります。相変わらずカッコイイ。
ボーンディスウェイとペイズリーパークのどちらかが定助を苦しめたバイクのスタンドで、もう一つが手助けしてくれた携帯ナビアプリのスタンドだと思ってたのですが、敵のバイクは「ゴーイングアンダーグランド」という名前なので、この康穂のスタンドは未だに名前がわからず。まだ本人も自覚してませんし、そもそもナビアプリが康穂のスタンドかも決定じゃないんですよね。
でも噛まれたようなアザは今回も強調されてますので、アザ=スタンド発現、と見て間違いないと思います。最近めっきり出てこない、常秀くんにもアザがあったので、どんなスタンドか楽しみです。
病院に戻ると、ホリーさんについて新たな情報が沢山出てきます。何かに脳の数箇所と腎臓ひとつ、そして肺の一部と胆のうが「奪われ」ていて、それが原因なのか、人間をモノだと認識してしまうというのです。
ここまで見て、定助の秘密も相まって、なんだか海外ドラマの「フリンジ」を思い出しまいた。僕はまだシーズン3の最後までしか見てないですが、摩訶不思議な出来事という意味で少しSFっぽさがにてる気がします。

おつぎは前回の定助と、東方家家政婦である虹村さんのやりとりの続き。いきなり彼女の正体が語られ、やはり東方家は定助の敵であり、虹村さんも東方家とは敵対関係にある様子。文字通り潜入しているとのことで、彼女の言う、「東方家の秘密」というのも気になります。
今まで僕も含めて多くの方が予想し、そして前回のラストで濃厚になっていた、「定助は吉良吉影と誰かの混ざり合い」ということが、改めて明らかになります。
僕は2つが合わさってできた3つ目が定助だと思っていたのですが、そうではなくて、ちょっとずつ混ざり合ってしまったのが定助と遺体で見つかった吉良ということみたいです。

虹村さんの話によると、吉良のスタンドは爆発するシャボン玉の能力だったそうで、何かを奪ったりはできないということ。ここでホリーさんの状況を合わせて考えると、おそらく吉良と謎の人物(おそらく今の定助と容姿がにてる)が戦い、その最中に震災があって、壁の目の「呪い」によって融合してしまったと。定助は助かり、吉良の方はなくなってしまった。

ホリーさんも虹村さんも、定助というよりも、彼の中に一部混ざってる吉良吉影を大切に思い、また協力してくれるという流れっぽいです。
そうなると東方家の秘密が鍵になってきますし、東方憲助はその謎の人物のことも知っているような気がしますね。
そんな感じで今月はおしまい。色々な情報がわかって驚きつつも、あっというまに読み切ってしまいました。

吉良という名前が出た時点で、「自分自身がラスボスという画期的なジョジョ」という予想がされてましたが、なんだかそれも間違ってないような気がしてくる展開で、ますます面白くなってきましたし、次の1ヶ月が長くなりそうです。

本編で石ノ森先生の名前が出てきて感動。パーティで手塚先生に「東北出身は珍しいかっら頑張って」と言われ、即座に「石ノ森先生がいらっしゃいます」と答える若き日の荒木先生の動画を思い出しました。


ジョジョ小説「JORGE JOESTAR」でもおなじみの舞城王太郎原作、天上天下やエアギアを書いていた大暮維人さんが作画の新連載「バイオーグ・トリニティ」が一気に2話分掲載され、その意味でも楽しみにしていた今月のウルジャンでしたが、どちらも大満足でした。
2013年1月号は本日発売。



JORGE JOESTAR
JORGE JOESTAR
posted with amazlet at 12.12.19
舞城 王太郎 荒木 飛呂彦
集英社
売り上げランキング: 6714






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ