ジョジョリオン 第15話 感想 【ネタバレ】  ジョジョリオンあらすじ感想

第一部のアニメも始まり、より一層の知名度、人気になっているであろうジョジョ。オールスターバトルには6部より徐倫、エルメス(兄貴)の参加も明らかになってまだまだ25周年フィーバーは終わらない。

ジョジョ展記念マウスパッドもついた今月のウルトラジャンプ掲載、ジョジョリオン15話のプチあらすじ&感想です。


#15 病院への道

↑今回から?#015じゃなくて#15ってなってました。深読みはしません。

記憶喪失になっている主人公、定助の記憶の唯一の手がかりかもしれない女性、ホリーを訪ねようとしている定助と康穂。前回康穂はなんとか彼女と会話することはできたが、部外者ということで病院を追い出されてしまう。
一方定助は謎のバイクスタンド「ボーン・ディス・ウェイ」による攻撃に合うも、なぜか安全な方向へと導いてくれるスマホのナビ「ペイズリー・パーク」の助けによって、少しずつ病院に近づきつつあった。
※スタンド名は本編ではまだ未登場。単行本でサラっと名前が出てきちゃいました(笑)

7部は未知の敵からの奇襲はありましたが、レースに勝つ、という大きな目標みたいなものがあったために割と展開が予想しやすかったのですが、先入観かなかなか先に進めないもどかしさみたいなものを感じ始めてます。

今回のメインはそのバイクスタンドとの戦い。
本体はどこか別の場所にいる自動操縦型で、"ロックオン"した定助が、何かを『開く』動作をするたびにどこからともなく現れ、寒さ、風による(吹雪的)攻撃をしてきます。
なるべく「開く」動作をせずに病院へと向かう定助。通行人に道を尋ねますが、折りたたみ地図を「開こう」としたために道も聞けず、苦労しながらなんとか病院付近へ。
あれだけ頼りにしていたペイズリーパークはどうしたんでしょうか?今回康穂も表紙にしか登場しません。

いよいよ病院に入れるかというところでまたしても敵の急襲。「開く」ってどんなところにも存在してる動作なんですね。これはすごい。
「無事に病院に行かせない」から「殺す」って変わってしまってます。定助もスタンドで応戦しますが、シャボン玉を出すそばから凍って割れてしまい、なすすべなし。
というかこういう敵には何を奪えば勝てるんだろう。全然わかりません。

なんとか一矢報い、スタンドのヘルメットを割ることに成功した定助。前回もヘルメットが落ちて顔が見えましたが、どうも背格好は亀とかカエルっぽい印象。
もしかして露出している今、攻撃すればいいのではないか、弱点なのではないかと予測するところで、今回はおしまい。

時間軸がわかりませんが、今康穂はどこにいるのでしょうか。戦ってる最中にちょうど病院から出てきて、あのカッコイイスタンド(ペイズリーパークのスタンド本体?)で助けてくれたりするのでしょうか。
なんにしてもこのスタンドとの戦いはあと1、2話で決着がつきそうです。

ウルトラジャンプ11月号は好評発売中
先月号は付録の関係でかなり売れたようで、書店の入荷数もだんだん上がってるような気がします。以前僕が利用してる本屋は「僕以外買ってるのか?」というレベルでしたが、最近はツタヤなんかでも沢山置いてありますし。


あんまりアナウンスがなかったので気づかなかったのですが美術手帖という月刊誌、今月号はジョジョ特集ということで、74ページも掲載。なんか表紙もかっこいいです。
美術手帖 2012年 11月号
美術手帖 2012年 11月号
posted with amazlet at 12.10.20

美術出版社 (2012-10-17)


コンビニ限定で発売されているジャンプリミックスの第6部も11月頭に発売の10巻で完結。未見の方もお気軽に読めるのでお試しを。

ジョジョリオンは1〜3巻まで好評発売中
ジョジョリオン 3 (ジャンプコミックス)
荒木 飛呂彦
集英社 (2012-09-19)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ