SPEC 天 ノベライズ 読了  

西荻 弓絵
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2012-03-24
一応テレビスペシャルの翔からの続きということで、起承転結の転にふさわしい内容だと思います。 明らかになったこともあるけど、逆に謎増えてるよ、的な。

御前会議やらシンプルプランなどの、翔でほのめかされたキーワードについて掘り下げられたり、ニノマエの「千年の孤独」の真の意味など、いろいろ明らかになって、あっという間に読みきってしまった。
シリアスななかにも、相変わらずのSPEC節といいますか、小ネタをバンバン挟んでて(往年のプロボウラーとかマニアックすぎて)笑わせてもらいました。
やせたい、でも食べたい!

椎名桔平さんのかっこよさもさることながら、男女とも、僕が一番が一番好きな俳優、女優さんが演じられていたキャラクタがいて、最高でした。
※あとからWikipediaでキャストを確認しましたが、「キル・ビル?」って発言とか、予告編の映像とか見ていたので、確認せずとも読んでいて想像しやすかったです。
セリフなんかは脳内再生余裕でした。

数枚でいいから、劇中のシーンを切り抜いた写真とかがあってもよかったと思います。ライアーゲームのノベライズはそれで完全に映画みた気分にさせてもらえました。



ブクログに投稿したレビューをこちらにも投稿テスト。
表示がおかしかったらいつものスタイルで書き直します。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ