ジョジョリオン 第7話 感想 【ネタバレ】  ジョジョリオンあらすじ感想

いよいよジョジョ25周年である2012年がやってきます。2010年最後のウルトラジャンプはジョジョリオンの巻頭カラー、そして本日単行本1巻同時発売です。
それではいつもどおりあらすじ+感想です。

#007 東方家の人々

前回、主人公は定助康穂の昔っていた犬の名前からとった)という名前をもらい、康穂を好きなあまり、定助に因縁をつけてきた男常秀の家族、東方家に引き取られることになる。
彼の家に行くため、康穂とともに東方家の主である、東方憲助(のりすけ)に車に乗せてもらっているところからスタート。この時点では、なかなかファンキーなおっさんという印象。彼によると、曽祖父がとあるレースで2位になり、その賞金と縁でフルーツを輸入することとなり成功を収め、今は4代目だという。これ完全にSBRのノリスケ・ヒガシカタじゃないか。へそが2つの。
これでジョジョリオンはSBRと、8部は7部と同じ世界と考えていいということかな。

彼は、社会奉仕することでこの国と地域に恩返ししたいと考えているという。やっぱりいいおっさんだ。その後家族写真を撮ることとなり、家族が集まってくる。

次男の常秀(じょうしゅう)の他、父の憲助、長女、次女大弥(だいや)、長男常敏(じょうびん・不在)、長男の嫁密葉(みつば)、彼らの娘で憲助の孫つるぎ、そしてお手伝いの虹村さん

前回の見開きで、東方家大集合がありましたが、一人増えたり減ったりっていうことも覚悟してたのですが、数はあってますね。今回不在でトゲトゲの服を着てる青年が長男の常敏なのでしょう、彼がいないとわかると写真撮影するのをやめてしまう辺り、憲助にとって特別であるような印象を受けます。
逆に常秀に対しては、部屋を定助に明け渡すように云いつけ、不平を言う彼にお金を渡しています。あれ?このおっさんけっこう黒いぞ。
それと大家族なのは、定助のような引き取った子供なのかと思いますが、何も言及がないので血の繋がった家族っぽいです。ミツバにダイヤにつるぎって、トランプを連想しますね。残すはハート?
コメントで鳩=ハートというご指摘をいただきました。
これでトランプ全種類揃ってますね。長男の嫁は偶然にしても、すごいネーミングセンス。

憲助は、引き取るのはタダじゃないと念を押した上で、この家で私の「いいつけ」は絶対だとすごんできます。返事は?などと先ほどまで「社会奉仕」とか言ってた同一人物だとは思えません。言いつけの内容は、視力の悪い次女の世話をすること。父の手前だからか、すごい懐きようです。それに対して康穂がちょっとジェラってました。

虹村さんに見送られる康穂。彼女は憲助から伝言を預かっており、「常秀を誘惑するな、定助に近づくな(家にもくるな)」ということでした。憲助もだけど、淡々と伝える虹村さんも怖ええ。

一方定助と大弥ですが、見えていなくても自分でわかるので、余計な気遣いは無用、「自然体」でいてくれと言われます。その気持ちをくみ、納得する定助でしたが、そのつかの間、謎のスタンド攻撃!これは一体だれの仕業なのか。ここで今月はおしまい。
彼女の「自然体」というのと「地雷」という言葉が気になるところ。

家を案内してもらうとき、階段があり、そこは決していかないようにと言われました。その手すりには謎の模様が掘られて?傷がついており、定助はどこかで見けど思い出せない、と考えてます。読み返してみたところ、地中から遺体として発見された吉良吉影の腕に同じマークがついていました。

また定助と面識がない常敏、そして行ってはいけない場所。東方家の人々も普通じゃなさそうで、来月も楽しみです。


7話掲載&表紙&巻頭カラーのウルトラジャンプ1月号は本日発売。
付録としてジョジョリオンコミックスのカバーがついてきます。
Amazonリンク
ウルトラジャンプ 2012年 01月号 [雑誌]

そして本日発売になった待望のジョジョリオン1巻。
「ようこそ杜王町へ」これを見ただけでジョジョファンはぐっとくるはず
Amazonリンク
ジョジョリオン 1 (ジャンプコミックス)

※のちほどコミックスについても書きます。
「ジョジョ」カテゴリを選んでいただくと、これまでのあらすじ+感想をお読みいただけます。



2011/12/20  19:28

投稿者:きよ

なるほど、全然気がつきませんでした!
ありがとうございます。
いやーお恥ずかしい限りです。

2011/12/20  18:45

投稿者:オロローン

鳩がハートって普通気づくだろ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ