CHUCKという海外ドラマをレンタルで見始めたのですが、これがすごく面白くて。おすすめなので、簡単なあらすじと感想です。


あらすじ
主人公チャックは家電量販店「バイ・モア」で働くPCオタクのサエない青年。ある日大学時代のルームメイトブライスからメールが届く。そこに添付されていた映像を見たチャックの頭脳に変化が起きる。ブライスはCIAのエージェントで、その映像はCIA(中央情報局)とNSA(国家安全保障局)の機密情報をまとめたもの。今やそのすべてがチャックの脳にインプットされてしまったのだ。

チャックの元には、機密情報と彼を保護するために派遣されたCIAの美人エージェント、サラやNSAのベテラン・エージェント、ケイシーが現れ、昼夜を問わずチャックを監視するようになる。最初は戸惑うばかりのチャックだったが、やがて合衆国を狙うテロや陰謀を阻止すべく、CIAとNSAの捜査に協力することに・・・。(Super DramaTVのあらすじを参考)

感想
吹き替えで見てるのですが、バス男で主人公のナポレオンダイナマイトにも声を当てられた草尾毅さんが担当してるのでイメージにぴったり。優しいオタクという感じです。

罠にはめられ、彼女はとられるわ、大学は退学になるわ、はっきり言ってよい感情を持っていなかったブライスからの突然のメールによって、突然「歩く国家機密」という、最重要人物となったチャック。サラやケイシーに助けられながらも、機転のよさとここぞという時の勇気で、彼自身も事件解決に役立っていくのが、見ていて気持ちいい。このあたりがただのコメディで終わってなくていいかな。

じつはサラとブライスには特別な感情があったことや、7話でチャックを退学に仕向けた真意が明らかになることで、チャックに変化が起こっているような気がした。
そんなサラとの恋愛要素も見どころなのかな。彼を守るため、周囲には付き合ってるという設定でいるものの、だんだんとよいパートナーになっていく。

チャックの姉やその恋人、そしてチャックが働く「バイ・モア」の店員など、脇役も個性豊かで面白い。親友のモーガンなんかは「愛すべき馬鹿」という感じで大好き。


脚本がOCやゴシップガールのジョシュ・シュワルツさんなので、まあ僕が好きにならない方がおかしいという感じなのですが、8話にはOCのサマーがゲストだったりします。

普通の暮らしに見えて、そこに一部非日常がある、というのは本当面白いです。いつかバレてしまうのか、とか気になりますし。

チャック自身が、映像を見続けただけですべてを暗記する能力に長けているために、こういう事態になったわけですが、僕も単語帳を見続けることで、試験の際に勝手に答えが浮かんでくるように…なったらどれだけいいか。


CHUCK / チャック 〈ファースト・シーズン〉コンプリート・ボックス [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-04-27)
売り上げランキング: 3695







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ