正しい相対性理論 感想  生活

相対性理論のアルバム「正しい相対性理論」、震災の影響で発売が1ヶ月ほど伸びたのですが満を持して発売。聞いてみて各曲の感想です。


今までの相対性理論の楽曲などのデータを様々なアーティストに渡し、彼らに再構築してもらうという新しい試み、その10曲の他、新曲が3曲入ってました。

【新曲】
Q/P
やくしまるえつこ名義の曲という印象。ちょっとラップ的。ずっと聞いてるととろけてく感じ。
Q&Q
ちょっと昔を思わせる、かわいい雰囲気のロックな感じの曲。少女漫画原作アニメのエンディングとかでありそうな感じ。
1+1
アルバム最後の曲。さわやかだけど、ギターの音がいい。これもソロの時のカップリングのような静かに聞き入れる感じ。

【アレンジ曲】
QGKGAO
朗読などの音源とかいろんなものの音を混ぜてる曲
前半は宇宙を思わせるけど、後半は午後の木漏れ日って感じ
QSMJAF
四角革命をもとに、サーっていうノイズとパーカションをプラスしてる。未開の地を探検してるような、ゲームのBGMっぽい感じ
QHPMAS
ジャズ風にした百年戦争の後、韓国語?のMCを挟んで
ポップにしたマイハートピンチ。所々デュエットあり。ライブにフェネスさんがゲスト出演した感じ
QMSMAS
ミス・パラレルワールドに坂本覦譴気鵑離團▲里鬟廛薀后�團▲里房蠅鬚弔い堂里辰討觧僂�杼税きるしっとりとした感




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ