親の言うことに耳を貸さない反抗期に心を開く方法とは?  思春期の対応


クリックすると元のサイズで表示します



反抗期と聞くと思春期には、ほとんどの人が経験している
のではないでしょうか?



むしろ反抗期だった本人よりも、親のほうが覚えているかも
しれません。



思春期反抗期を過ごした本人が、今度は自分の子供に
親と同じような気持ちを味わうことでしょう。



自分自身が反抗期を過ごしたことはあっても、反抗期の子供に
対してどう接すればいいのかはわからないといいます。



当時自分が親に対して感じていた “うざい” という気持ちを
今は、わが子が持っているのに、どう対応すればいいのかが
なぜわからないのでしょうか?



それは、私たちが「ものの言い方」「人の話の聴き方」
誰からも習わなかったからです。



親から教わったのは、こんな事柄ではないでしょうか。

「人の話をちゃんと聞きなさい!」

「親に向かって何よ、その言い方は!」

「汚い言葉使いをしないの!」

「早くしなさい!」

「勉強しなさい!」


結局、私たちは親から言われたイヤな言葉を
そのまま我が子にぶつけているのかも知れません。



では、自分の子に対してどう接するべきなのでしょうか?



実は、小学生や中学生などの思春期によくある反抗期の対応に
悩む親御さんのために、チャイルド コーチング アドバイザーの
安村氏が【小学生中学生思春期の対応ガイドブック】を公開
されています。


安村氏の対応方法の詳細をご覧ください。


⇒思春期、反抗期の小学生 中学生に親が対応する方法






思春期、反抗期の小学生 中学生は、親の言うことに耳を
貸さない時期ですが、親の話し方や聞き方によって子供
が心を開く方法【思春期 反抗期の対応法】の公開




【やる気が出る勉強法】 【サクラサク受験勉強法】 【イージースタディ】 




















0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ