6.富士山登頂1987.8.23  富士山登頂記

6.富士山登頂1987.8.23

大成建設鰹Z宅事業部コンクリート住宅“大成パルゼット”に赴任した時の工事関係者との第1回目の登山記録です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山麓でキャンプ組

今回の登山は前日夕方御殿場の民宿で泊まるグループと前日の朝から富士山山麓でキャンプを張って、翌日登山するグループとに分かれる。
青葉の百姓、前日早めに行きキャンプ組みの方に立ち寄り民宿の方に泊まる事にした。
左側、青葉の百姓長男小学4年生(冨士山初登頂)

クリックすると元のサイズで表示します
富士山山麓でキャンプ組

暫くキャンプ場にいたが、分かれて御殿場の常宿民宿“姫路”へ向かい本体のグループに合流した。
ここで偶然でしたが富士山測候所建設の初代所長と会ってしまった。
大先輩は生まれ故郷の同級生を大勢連れて来ていた。
この日は大いにお酒が弾んでしまった。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂
霧の中でありし日の富士山ドームをバックに撮影



クリックすると元のサイズで表示します
下山開始


クリックすると元のサイズで表示します
下山途中で

この辺は鳥取砂丘を思い出す辺り一面広大な砂漠のようです。


クリックすると元のサイズで表示します
五合目
一番右にいる方がNHKのプロジェクトX第一回目に出てきた富士山測候所建設の初代所長(元会社の大先輩)です。


クリックすると元のサイズで表示します
5合目付近で

同じく右側にいる方が初代所長、ちなみに青百も縁があり富士山山頂工事3代目所長として3年間赴任していた。

あれから20数年も経ってしまった。
月日の経つのは本当に早いものだと思うし、今でも愛着のある“富士山”へは足が動ける内は毎年登頂したいものだと思っている。
                
             青葉の百姓 2005.10.10編集



2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ