28.富士山登頂(3)2007.8.10  

28.富士山登頂(3)大砂走り&宝永山制覇2007.8.10

11時50分、富士山頂浅間大社奥宮を後にし、今回は元気の良い仲間と一緒なので、大砂走り下山と予定を変更し宝永山突端まで回って下山する事にしました。


クリックすると元のサイズで表示します
11:50 御殿場口登下山道
青葉の百姓、元気よく下山開始。


クリックすると元のサイズで表示します
11:53
下山したとたん結構歩きにくい山道を足首の捻挫に気をつけ下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
11:58 
この辺は山の上を見ると大きな石が転がって来そうな転石ゴロゴロしている。


クリックすると元のサイズで表示します
12:12 かなり大きな万年雪が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
12:35 八合目山小屋、赤岩館(標高3,300m)


クリックすると元のサイズで表示します
12:49 七合五尺山小屋、砂走館(1)


クリックすると元のサイズで表示します
12:53 七合五尺山小屋、砂走館(2)
バイオトイレ設置 使用料200円


クリックすると元のサイズで表示します
12:55 七合五尺山小屋、砂走館(3)
いつもならここでビールを飲むのが一番良い場所ですが、酒酔い運転も出来ず、ミネラルウォーターをガブガブ飲んでいた。


クリックすると元のサイズで表示します
13:00 七合五尺山小屋、砂走館(4)


クリックすると元のサイズで表示します
13:01
砂走館を後にして下から砂走館を見上げると、高山植物だと思うが白い花を咲かせていた。 標高3,100m付近か?


クリックすると元のサイズで表示します
13:11 大砂走り(1) 標高2,800m地点か
大砂走り標高2,700m地点から右側にそれると富士宮口登山道へ行く道があり、これを進み、暫く真っ直ぐ行くと宝永山へ行き、右へ曲り下って行くと富士宮口登下山道です。


クリックすると元のサイズで表示します
13:16 宝永山(1)
宝永山の噴火口上部
ここはかなりの急こう配で転落したら先ずあの世行き間違いなし・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
13:17 宝永山(2)
真っ直ぐ進み小高い山が宝永山の突端付近です。 この右側に宝永山噴火口があり、左側が大砂走りです。
この辺はいつもだと視界が5mくらいしかないような霧に包まれるが、今回は多少の霧で済み宝永山制覇する事が出来た。


クリックすると元のサイズで表示します
13:19 宝永山(3)
宝永山噴火口を通って、富士宮口へ行かれます。


クリックすると元のサイズで表示します
13:24 宝永山(4)
宝永山の突端付近の左側は大きな岩肌が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
13:28 宝永山(5)突端にて

ここで昼食をとることにした。 
松本の仲間から特製味噌を頂き、胡瓜につけておにぎりと一緒に食べたら最高に美味しかった。 
又特大の信州りんごが、頂上で半分食べ、宝永山で残った半分を食べたが、これまた最高の味でした。

松本から特製味噌特大信州りんごを頂き、ありがとう! 仲間も宜しくと言っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
13:29 宝永山(6)方向版


クリックすると元のサイズで表示します
14:24 大砂走り(2)
この辺は足がしっかりしていれば最高に短縮できるところですが、かなりきつい斜面です。


クリックすると元のサイズで表示します
14:40 大砂走り(3)
ここからはなだらかな斜面で、足はガクガクで惰性で降りて行くようなものです。

この辺から更に1時間弱ダラダラ歩き、ブルトーザ基地までたどり着いたのが15時30分くらいでした。
去年はここへ16時30分くらいに着いたので、約1時間短縮できた。


【あしたば仲間の事】
今回の富士山登頂は青百にとって20数年間の中で最も想い出深い第一歩となった。

富士山頂お鉢めぐりをしていながら、我等あしたば仲間の事を考えていたし、新たな再出発のイメージがはっきり青百脳裏に浮かんで来た事。
そして富士山頂浅間大社奥宮に参拝し、最近起きた仲間のトラブルの厄払いあしたば仲間の発展祈願して来た事は大きな収穫でした。
宝永山まで足を延ばす事も出来たし最高の富士山登頂でした。
本日歩いた歩数25,450歩(約15.3km)。
今でも足は階段の上り下りでは足が痛いが、登頂した達成感で足の痛みも和らいでくれるから不思議だ!

★★★これからも“わが人生に悔いなし”に一歩でも二歩でも近づけるよう挑戦するのみ!★★★

                青葉の百姓 2007.8.12記




9



2009/8/10  12:12

投稿者:青葉の百姓

fu-chanこんにちは!
富士山登頂記(3)2007.8にコメント投稿有難う。
富士山は一旦荒れると非常に怖いが、好天の時は山の仲間達を素直に迎えてくれます。
fu-chanはアチコチ歩いているので大丈夫だと思います。
問題は高山病だけどそんなにひどくかからなければ携帯酸素を補給して歩けば大丈夫です。

青百も数日前から万全な装備をしてリュックに用意したまま置いてあるが、今日も又残念ですが、再々度延期に切り替えました。
青百は8月後半に再挑戦します。

http://home.t06.itscom.net/kazu-nx/

2009/8/10  11:18

投稿者:fu-chan

あおばさん、こんにちは。
毎年、富士山に再挑戦されていらっしゃる
あおばさんの信念は、凄いですね!
私は、一度も富士山に登ったことがないので、一度、富士山を仰ぎ見たと思うのですが、肺活量などが十分あるかどうか少し心配です!
日頃から、あおばさんのように、歩くことを習慣化していないと難しいでしょうね!!!
今年は明日、登頂されるのですね!
お天気が余りよくないので、決行しても大丈夫でしょうか?
万全な装備で無理をなさらないように、慎重になさって下さいね!
どうぞ、お気をつけて行ってらっしゃ〜い!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ