The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
LiFePo4バッテリーをメインPCで使う。  撮影機材

リン酸鉄リチウムイオン電池ってのは素晴らしいですね!
今回は、満充電したポータブル電源をメインPCで使って
その容量を測定してみたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

<ポータブル電源の仕様>

・12.8[V] , 120[Ah]LiFePo4バッテリー
・定格電源容量:1536[Wh]

<負荷となるメインPCの仕様>

・Core-i7 2600K , 16GB デスクトップPC(70[W]Ave.)
・デスクトップ蛍光灯(27[W])
-------------------------------------------------
合計:97[W]Ave.(AC-100[V]側)

1日目:9:30〜20:46(10時間46分)、電圧:13.3[V] -> 12.8[V]へ
2日目:9:30〜17:30( 6時間14分)、電圧:12.8[V] -> 11.5[V]へ

合計:17時間稼働(途中食事などで一旦シャットダウンあり)

バッテリー側電力:12.8[V] X 9.5[A]Ave.=121.6[W]
変換効率:79.8[%]

測定終了電圧:11.5[V]
クリックすると元のサイズで表示します

AC-100[V]側の消費電力量:1410[Wh]
クリックすると元のサイズで表示します

よって、バッテリー側の消費電力量は効率79.8[%]より逆算して

1768[Wh] となりました。


9.5[A]Ave.程度の電流では、バッテリーの定格容量1536[Wh]を越える
ことが解りました。しかも、まだ終止電圧10.5[V]まで1[V]も
残っています。

しかしながら、この程度で終わりにしておかないと撮影中に急に
電源がカットオフされて焦ることになるでしょう。
鉛バッテリーとは減衰曲線が異なりますから。
ほぼ一定で推移して、最後の10[%]を切ると一気に下降して行きます。
よって、電圧12[V]前後で打ち止めるのが良いでしょう。

SkyMaxシステムは4.5[A]Abe.ですから、30時間以上使える計算です。
連荘用に200[W]ソーラーパネルを買いましたけど、これなら3晩は
イケそうですよ。凄いなあ〜LiFePo4バッテリー!

さて、
付属の10[A]充電器を使って満充電までやっている最中なんですけど・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと温度が高過ぎますねえ〜〜。
室温22℃にして持っていられないレベル。60℃くらいかな?
WebのFAQに、75℃まで大丈夫な設計だから心配するな。
とは書いてありますが・・・信用できない。
 |
 +−>これは強制空冷か別途放熱器が必要だと思います。
      夜中に無人でなんて・・・トンデモナイ!!

電気代は東電だと1日12.5円相当になります。
年間4,562円かあ。そんなに使わんから1,200円/年程度。
良いんだか悪いんだか。
1



2021/5/18  19:16

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

今晩は。LiFePo4バッテリーは大変良いです!!
先日、早速上野村遠征時にデビューさせましたが、19:30〜5:00まで9時間30分使っても
全く減った感じがしません。これは鉛バッテリーと違って減圧特性がフラットだから
です。私の場合、DC-ACインバーターでAC-100[V]に変換して運用していますので、
鉛バッテリーのようにドンドン電圧が下がってしまうと、いつカットオフされるか
ヒヤヒヤしながら使っていました。LiFePo4ではそれがありません。

ポータブル電源は最近流行っていますから、使い易い市販品が沢山ありますね。
車のアクセサリーソケットからもソコソコ走行充電できますし、
ACアダプターも標準装備、ソーラーパネルオプションもあってスバラシイ!
鉛バッテリーのつもりで自作するより、700[Wh]クラスのポータブル電源を買った
方がお得かもしれません。実用量も2倍は採れる感じなので、700[Wh]なら
鉛バッテリーの1400[Wh]相当だと思います。

2021/5/18  15:33

投稿者:demio

こんにちは。
大容量のポータブル電源、使いやすそうですね。
なんといっても鉛バッテリーと比べて軽量なのが良いです。
私も最近二台体制が多いのでACDelco M24MFと240Wポータブル電源、カーバッテリーの各電源で分割対応してます。
この電源の12kgは魅力的。メーカーによると充放電サイクル寿命も鉛バッテリーより一桁多いみたいですね。
初期投資が少し高目ですが寿命を考えるとお徳かも。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ