The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
MPVのインパネを外して電球交換など。  

26万キロを越えた愛車MPVのインパネ照明用豆球が、
一つ、また、ひとつと消えて行き、とうとう真っ暗に
なってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します

インパネを外して交換します。
クリックすると元のサイズで表示します

以前ハザードスイッチの豆球が切れた際、ユニット交換に
なりますって言われ\27,000.-も取られた。(ディーラー)
豆球一個の値段もビックリポンな価格で、全部交換すると
数万円請求されそうです。

青いのがメーター照明、黒いのがインジケータ照明です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん、切れとる。
クリックすると元のサイズで表示します

メーター照明用:T6.5球
インジケータ用:T4.5球
ハザードランプ用:T3球

インパネを外す際、トントン軽く振動を与えます。
そうすると、寿命を迎えているダメ球が簡単に切れます。
その結果が1枚目の写真です。
さっきまで点灯していた箇所もアッサリ切れて暗くなっています。
ついでにハザードスイッチ用も切れちゃいました。
一部をLEDに変更し、全球を交換たいと思います。(入荷待ち)

------------

2021.4.18(Sun)追記

交換しました。

クリックすると元のサイズで表示します

T6.5メーター球は豆球のまま。
T4.7インジケータ球は3個豆球、16個LED化。
T3ハザードスイッチ球はLED化。

FUELアラートなど、その時にならないと点灯しないものは豆球の
ままとしました。何故かと言うと、LEDユニットに極性表記が無く、
メータパネル基板にも表記が無かったからです。
逆に付けてしまうと、肝心な時に点灯しませんからねえ。
ACC_ONで全部一旦点灯してくれれば良いのですが、全部は点灯
させていない模様・・・
面白かったのはパーキングブレーキ表示。
LED化したら常時薄暗く点灯しっ放しで、パーキングブレーキレバー
を引くと明るくなります。なんだこりゃ?って思いましたが、
豆球の寿命延長対策かもしれませんね。突入電流防止策かな?
なんでパーキングブレーキ球だけ対策してあるのかは疑問ですが。
まあ、これで今後10万キロは大丈夫でしょう!

------------

さて、

今回一番の目的はコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

先日、バッテリー充電器をつなげて10A充電をやったら
10秒で無反応になってしまった。
シガーライター用ヒューズは切れていないため、ホルダー内で
破損した模様。

原因はコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

バイメタルソケット裏側のプラス電極へ導くルートにヒューズが
入っていました。これが10Aでジワっと溶断してしまった。
10Aで切れるのはやや不満足ゆえ、直結しました。
なお、ヒューズは別途ヒューズホルダーに入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

では、動作確認をば。

初めはスマホ用充電器。
おー、ついた点灯いた(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します

続いては最大負荷相当のシガープラグ。
クリックすると元のサイズで表示します

大丈夫ですね・・・って、あれ?

何処かで見たような・・・
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ