The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
30cmプライム鏡筒の光軸合わせ  撮影機材

30cmプライム鏡筒の光軸が狂っているとのことで合わせました。

光軸合わせ完了後のテスト撮影(ハマル)
クリックすると元のサイズで表示します

右上側が完璧ではありませんが、まあ80点程度で終了。
共同観測所ですから、定期的な機材整備が欠かせませんね。
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡洗浄とセンターマークの確認
クリックすると元のサイズで表示します

アリャリャ!? 主鏡が随分とせり出しています。(2mmくらい)
これでは、主鏡脱落防止リングで思いっ切り圧迫してしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡の9点支持機構の位置は、初めに定量的に決めておく必要があります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アイマークを書き、安易に動かさないようにしておきます。
結局、主鏡脱落防止リングよりも-0.5mmとしてあります。
つまり、リングには触れていません。
また、
主鏡のサイドサポート6点も少し緩めました。
主鏡がスルスル回転する程度にしてあります。
ここもアイマークを入れておきました。
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡の光軸調整は3組のボルトセットで行います。

引きネジ
クリックすると元のサイズで表示します

押しネジ
クリックすると元のサイズで表示します

コリメーションアイピースで機械的なアライメントを詰めます。
クリックすると元のサイズで表示します

スパイダーが光軸に対して直角になっていないかったので、止めネジ
の穴をヤスって1mmくらい拡大しました。

レーザを主鏡センターマークへ落とし、スパイダーをFixします。
クリックすると元のサイズで表示します

これを3セット交互に繰り返して完了です。
厳密には鏡筒と光軸が平行になっていませんが、それで良いのです。
兎に角、接眼部基準で合わせ込むことが重要です。
ニュートンでも同じです。

センターマークへレーザが落ちるようにスパイダーを調整する。
クリックすると元のサイズで表示します

コリメーションアイピースのセンターへレーザが戻るように主鏡を
調整する。これを3セット。
クリックすると元のサイズで表示します

最後は、実際の星像で追い込みます。
機械加工の見た目と、真の光軸が合っている保証が無いからです。
今回は80点で完了させました。それが冒頭の画像です。

<注意点>

レーザは、あくまでも最終手段と現地確認用ツールです。
光軸がメチャクチャでも、接眼部へ単発レーザを戻すことは出来ます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ