The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
MAZDAとPENTAの近いところ  

お気に入りの車に長く乗ること。

  ちゃんと整備して長く乗ること。

クリックすると元のサイズで表示します

アテンザも10年が経過して、価値が無い車となったようです。
まだ60,000kmしか乗っていないし、半地下駐車場保管なのでキレイ。
僕にすれば新車とあまり変わらないのだけれど、下取り査定額は
たったの17万円でした。
え〜っと、32年間お付き合いのある関東マツダです。
冷やかしじゃなくって、新しい”MAZDA3”の試乗と見積りを
お願いに行ったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1500CCでハイブリッド機構やモータアシストすらないマツダ車が、
294万円とは驚きました!
アクセラ後継車種だと思って見に行ったのですが、
高い(高額)、狭い、燃費悪い・・・と、私的印象は良くありません
でした。デザインも必要以上の”怒り顔”で、コロンとした
リアクウォーターが好きになれませんでした。
車業界関係者の前評判がベタ褒めだったのですが、波長が合わない。
アクセラより50万円も高くなってしまいました。
これ、一番下から2番目のグレードなんですけどね。

こんな文句を言っても始まらないのですが、
今のマツダ車で欲しいと思う車が無くなってしまいました。
この思いに至るには理由がありまして。。。

それは、

マツダの営業さんです。
今回は写真のMPVとアテンザを持ち込み、MAZDA3と入れ替え
る条件で見積もって頂いたところ、値引き5万円・・・
アテンザ17万円、MPVは当然ゼロ以下の廃車手数料発生。
共にこのディーラーで新車登録した車ですが、担当営業マンが数回
入れ替わっていて、今の担当さんからはまだ買っていないのです。

マツダという会社、サービスフロントさんや工場整備士さんはいつも
気持ち良く対応してくれるのですが、営業さんはハッキリ言ってNG.
32年間のお付き合いで良いと思ったことがありません。
それでも、車に魅力があったので買い続けて来ました。
それが、見積りで所感を告げて今回は見送ると言った瞬間、
”チッ!”って横向いてガッカリ顔されましたよ。
そう聞こえるような感じで。この人、営業リーダーなんですよねえ。
イヤな態度は取らず、素直に感じたことを伝えたのですが、
買ってくれないと分かると、なんと、お見送りの挨拶も無し。
工場の整備士さんがご丁寧に車道誘導して下さいました。
ありがとう。

確かにデザインは綺麗だけど、アクセラに載っていた人が乗り
換えるにはMAZDA3は高価で狭い車だと思います。
アテンザはもっと高価な高級車になってしまい、僕の車の100万円
上乗せです。CX−8はデカいのに荷物が載らない。
無意味とも思える狭い3列目シート付きの不思議。
どの車種も気楽に買えるグレードが無い。
デミオですら、MAZDZ2になって高級車になってしまった。
何よりもSKY ACTIVEと魂動デザインに酔いしれていて、
モータアシスト車も無い。
平日のディーラーで整備待ちしているおじちゃんやおばちゃん、
魂動デザインとサイドブレーキもスイッチになっちゃった車に
乗れるのでしょうか!?

クリーンディーゼル車やiSTOP車も、カタログ上は好燃費ですけど、
殆どの日常ユースは買い物や送り迎えの短距離です。
そうなると、せめてモータアシスト程度が付いていないと、
燃費はカタログ値の半分程度になってしまいます。

残価設定ローンをやたらと薦めて来るのもイヤだった。
営業さんはファイナンシャルプランナーみたいです。
保険やローンには詳しいですよ。

コレジャナイ感いっぱい!

これから出て来るSKY ACTIVE-Xエンジンも、私的にはズレている
と思っています。何しろ高額すぎます。
歴代、営業さんの顔色を拝見していると、
どうにもメーカサイドに押されてばかりいるように見えます。
これでイイノダ! これを売るノダ!って。
魂動デザインも、デザイナーが頑張りすぎてユーザ不在になりつつあると
感じました。

MAZDAとPENTAの近いところ・・・

ミラーレス機なんてやらないのだ! これでイイノダ!

いつもタイミングを外すところもそっくりです。
ユーザは軽いフルサイズ機も必要だと感じているし、
もっとリーズナブルなレンズがあればと感じています。
K-3Uの質感で、KP相当の機種が欲しいと感じています。
APS-CでKマウントなミラーレス、軽くて高性能でお手頃価格な
システムが欲しいと感じています。アダプター上等です。
GR-Vやシータはリコーであって、PENTAX機ではありません。

ディーラーは新車を買う所。
今は、3年ごとに新車を残価設定ローンで買ってくれる人が
最高のお客さんなんだと感じた次第。
と言う訳で、
来年2月の車検を待たず、関東マツダとのお付き合いを終了
することにしました。
5



2019/9/17  10:36

投稿者:☆男(hoshiotoko)

星雲志さん

来年2月まではMPVで行きますよ〜(^^♪
Times24系は、今後爆発的に需要が伸びると期待しております。
飯能にタイムズレンタカーが出来れば十分かな?
あと、
タイムズカーシェアの車、関東南部では基本的にスタッドレスNGだそうです。
つまり、凍結路や積雪時には使ってくれるなってことですね。
まあ、貸す方としては当然の対応だと思います。
その場合はレンタカーで4WD+スタッドレスでお願いしますとのことです。
ちゃんと住み分けがあるのですね。
所沢へ借りに行っても、前日から借りられるので大した手間とは感じていません。
シェア車なら小手指駅前にもあるので、近場手配、何かと便利かも
しれませんよ〜。

2019/9/17  9:31

投稿者:星雲志

最近の車は安全装備として車体のあちこちにセンサーが取り付けられており、価格上昇の要因の一つかと思います。マツダは独自の希薄燃焼エンジンを売りにしているものの、ハイブリッドや電動アシスト等はないため訴求力に欠ける面もありやとは思いますが、今回のセールスの対応は残念、というかナンジャコリャでしたね。

お仕事上、車は欠かせないものなので次の選択肢は何になるのでしょうか。カーリースの書き込みも拝見しましたが、近くに拠点ないのは困りますね。

2019/9/11  22:23

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

そうでした!demioさん改め***さんになられたのでしたね。
あまりネガなことばかり言いたくないですが、営業マンの表情や言葉ひとつ。
とても大切なことだと思っています。
今後はEV車が主流ですから、遠征時の電源確保も容易になると思います。
前型アクセラにはプリウスのハイブリッドシステムを載せた、アクセラ2000が
存在していましたが、エンジン特性をプリウスソックリに調整する必要があった
とかで、マツダの技術者は面白くなかったのでしょう。
MAZDA3では消え去ってしまいました。残念!!

EVやハイブリッドが一台もなく、営業がファイナンシャルプランナー状態では
従来からのマツダファンも去りますね。
この御方を見習って頂きたいものです。

小松政夫(トヨタ横浜営業所のトップセールスマン)
https://dogatch.jp/news/ex/expost_61435/detail/

2019/9/11  20:19

投稿者:demio

こんばんは、demioです。
最近のマツダ者はデザイン優先になって車格のわりに高価になってしまいましたね。
昔はホンダや日産のMT車ばかり乗っていましたが、かみさんも運転したいとの事で初代デミオにした次第です。
当時は値引きも多くコンパクトの割に室内が広くてお気に入りでした。
その後、二代目に乗り換えしましたが購入した近所のディラーがお隣の市のディラーに統合されてしまい担当セールスも替わってしまいました。
このセールスがやる気、売る気がないみたいなのと三代目がスタイル重視になり搭載能力が減少したので、他社に乗り換えて現在に至っています。
☆男さん指摘のように最近のマツダはデザイン、技術を歌い文句に一人相撲しているように感じます。
もちろん、そんなマツダ車のフアンも大勢いるのでしょうが、自分のニーズに合う車種がないマツダには当分足が向かないことでしょう。

http://demio2019.livedoor.blog/

2019/9/10  10:29

投稿者:☆男(hoshiotoko)

eiさん

昔のマツダが良かったのは、サービスフロントの方を中心に車好きの方が多かった
からです。今のマツダディーラーは銀行員と話しているみたいで、私のような人間は
居心地が悪くなってしまいました。ま、そう言うことですね。

つまらん!

ところで、eiさんはトヨタ車でしたか。
いつも感じていたことですが、トヨタのディーラーって遅くまでやっていますよね。
それに比べ、マツダは店舗休日も多く、夕方すぐに終わってしまうので会社帰りに
寄ることが困難でした。車業界に限らず、この様な状況はメーカ(工場)の意向が
強く、営業が虐げられている現場だと感じていました。
ユーザ無視で定時に帰ってしまう、移転になっても顧客に担当変更引き継ぎの連絡
ひとつ無い。営業間で顧客情報が共有出来ておらず、32年もの長期優良顧客を
新規同様の扱いで処理する・・・など、営業専門職でない私が見てもツッコミ処
満載の仕事をやっています。
その様な観点から、マツダという車メーカの行く先が心配になっています。

良い物(作り手側の主観)さえ作っていれば、顧客はおのずと付いて来る・・・
ことは、あり得ません。

そういう意味では、大昔の高橋製作所もヒドかったですよ。
板橋本社に90sを買いに行った時など、売ってやる状態の態度でしたよ。
同じ日に誠報社でミザール鏡筒を買ったのですが、対応も良く安心して買い物が
出来ました。職人気質のメーカは、もっと営業を勉強した方が良いと感じました。

最近では中国メーカの製品を日本の商社が販売していますけど、
妙な日本語訳をそのまま掲載している会社は避けた方が良いですね。
これは、全くやる気が無い証拠ですね。
まあ、国内のメーカでも日本語がオカシイ所もありますけどね(^^♪

2019/9/9  23:28

投稿者:ei

こんばんわ。eiです。
ん〜☆男さんと趣旨趣向は違うかもしれませんが。
私は長年TOYOTAで来ましたが、県民の森の帰りにクラッシュ廃車、SIENTAに移行しましたが、営業さんに不信感募らせながら長年の付き合いとブランド力に流れてしまい縁を断ち切れないダメ男です。orz
でも次の営業では顧客ニーズに沿った営業が出来なければビシッと言うつもりです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ