The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
やはり機械はバランスが大切  SkyMax改イギリス式

SkyMaxエルボ改造は、最終的にこうなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

降ろしたバランスウェイト20Kgを、極軸の南端に配置。
この状態で、やや北側が重い程度。(極軸高度調整が出来る程度)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手間でしたが、極軸体を一旦外して加工。
何度もピラー部へ付けちゃおうか? と言う誘惑が湧いてきましたが、
それでは極軸のバランスは改善されません。

クリックすると元のサイズで表示します

赤経側モータコネクタがヒットしてしまう為、90度曲げ加工。
クリックすると元のサイズで表示します

フライス萌え(爆)
クリックすると元のサイズで表示します

ここまでの作り込みで、前後バランスも改善されました。
ベースプレートを作って北側を延長しようとも思いましたが、
極軸の南北荷重バランスは改善されません。
もちろんイギリス式ならば理想的ですが、やはりフットワークが
重すぎます。35cm_RC(30kg+5Kg=35Kg程度)なら、このまま対応
出来ると思います。ちなみにC-14も35.5cmですが、20Kg程度しか
ありませんから余裕です。
35cm_RCやC-14であれば、余裕の下方通過ができますね。
これは、その為のシステムかも・・・

これかあ?
https://www.teleskop-express.de/shop/product_info.php/language/en/info/p7011_TS-Optics-355-mm-f-8-Ritchey-Chr-tien-RC-Teleskop---Carbon-Truss-Tubus.html

EQ8やCGX-Lよりも大きく重いので最適でしょう。(^^♪
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ